バーチャルジャニーズについてモノ申す!

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所が

2体のバーチャルアイドルを

売り出す戦略に出たと

日刊ゲンダイが報じた。

 

投げ銭方式で課金し

今後の人気次第で

CDデビューも視野に入れるとのこと。

 

今後のジャニーズは一体どうなるのか?

 

今回はバーチャルアイドルについて

私が思うことをまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

ファンからは不満の声が多数

ネット上では早速バーチャルアイドル

についての意見が飛び交った。

 

反対派の人が多く

ジャニーズにバーチャルは

求めていないという意見が

多くつのりました。

 

ラーメンはラーメン。

ケーキはケーキ。

 

ラーメン屋の出すケーキなんか

好んで食べようとは思わないといった

ところだろうか。

 

スポンサーリンク

 

ターゲット層が見えない

ジャニーズファンのほとんどが

生身の男を求めているなか

 

バーチャルアイドルは

ジャニーズとは畑違いなのではないかと

私は感じる。

 

新規ファンの獲得を狙っているなら

多少は理解できるが

 

既存のファンの方々は

バーチャルアイドルには

食いつかないだろう。

 

2次元好きの方々も

ジャニーズのバーチャルアイドルに

食いつくくらいなら

 

既存の漫画やアニメなどが

展開しているアニメキャラにいくはずだ。

 

バーチャルアイドルに求められるもの


実際にバーチャルアイドルが

配信されたわけではないので

あくまで憶測だが

 

求められるものは

話している人の考え方や声などであり

ラジオと少し近い感じの

部類になると予想される。

 

誰が声を担当するのかはわからないが

彼らのファンだけしか

聴かないだろう。

 

おそらくバーチャルアイドルは

バーチャルユーチューバーを参考に

企画されたものと考えられる

 

バーチャルユーチューバーのブームは

正直言ってとっくの昔に過ぎている。

 

1年早ければいい波に

乗れたかもしれないが

 

今さら始めるのは

正直言って二番煎じでしかない。

 

流行りのものを

なんでも取り入れれば

良いというわけでなく

 

ファンの需要も考慮した

モノを取り入れなげれば

 

ジャニーズはいつか衰退していき

ますます鎖国化が進行していくだろう。

 

スポンサーリンク

 

SNSによる発信をなぜおこなわないのか?

バーチャルアイドルを

配信するくらいなら

 

各グループのTwitterアカウントを

開設し情報発信をしたほうが

プラスに働くのではないかと私は思う。

 

ジャニーズを退社した

阿部顕嵐や真田佑馬などは

 

インスタ、Twitterアカウントを開設し

波に乗る勢いを誇っている。

 

ジャニーズアイドル達それぞれに

発信力を持たせれば

 

ジャニオタだけでなく

一般層にも彼らの活躍が広く浸透

することは間違いない。

 

現に今のジャニーズは完全に

ジャニオタ専門のアイドルと

化しているので

 

このままだと一般層はおろか

ジャニオタ離れもますます

深刻化するだろう。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

2019年ジャニーズは新たなステージへ突入する!

ジャニーズアイランド発足!ジャニーズの今後の動きは?

ジャニーズJr.チャンネルはつまらない?改善点についてモノ申す!

SixTONESはネット配信という道を貫けるのか?

 

まとめ

バーチャルアイドルは

今後どういった展開をしていくのか?

 

プラットホームはYouTubeなのか?

SHOWROOMなのか?

 

そちらのほうも情報が入り次第

更新していきます!

 

スポンサーリンク