30代ジャニーズの人生の方向性とは?

30代ジャニーズの人生の方向性とは?

2019/3/12(火)
ジャニーズ論
スポンサーリンク

ここ数年、30代を迎えた

ジャニーズアイドル達に

ある変化が訪れている。

 

第一線で活躍してきた

男性アイドル達による

グループ脱退や活動休止など

 

何かしらの事情により

グループ活動という道を捨て

新たなステージへと旅立とうとしている。

 

彼らに共通するのは

30代半ばという年齢。

 

彼ら30代ジャニーズに

一体何が起こっているのか?

 

今回は30代ジャニーズの

人生の分岐点についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

男性アイドルにとって30代は人生の分岐点!

嵐の活動休止のきっかけにもなった

大野智は38歳。

 

渋谷すばるがグループ脱退を発表した

昨年春の時点で36歳。

 

そして、昨年末で

芸能活動から引退した

滝沢秀明は36歳。

 

いずれも30代なかばにして

大きな決断をしたといえる。

 

最近では関ジャニ∞の錦戸亮の

グループ脱退も報じられた。

 

彼らより少し若い34歳による決断だが

グループ脱退を考えているとすれば、

やはり30代なかばでの

決断ということになる。

 

スポンサーリンク

 

男性アイドルの賞味期限と定年

ジャニーズアイドルは

10代の頃から歌に踊りに

笑顔を絶やさない生活を続けているが、

 

年齢を重ねるにつれ

10代のころのような動きが

できなくなり

 

40歳以降の人生について考えるのが

30代半ばということではないだろうか?

 

アイドルとしての仕事をまっとうし

そろそろ自分が本当にやりたいことを

やってもいいのでは?と考える

タイミングも年齢的には30代半ば。

 

男性アイドルにとって、

アイドルとしての“賞味期限”が35歳。

そして40歳前後あたりに、

“定年”があるような感じだ。

 

30代ジャニーズアイドルの方向性

若さやフレッシュさといった

アイドルとしての大きな武器がない

彼らにとって最も大事なものは

 

10代〜20代で培ってきた

経験や知識だろう。

 

30代でうまく成功した

男性アイドルといえば

山下智久が挙げられる。

 

彼の卓越した英語力は

自身の楽曲にも取り入れられており

山下ならではのエンターテイメントを

展開し多くのファンを魅了している。

 

そういった経験や知識を武器に

うまくステップアップしていくことが

 

男性アイドルにとって

もっとも大事なことだろう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

30代ジャニーズアイドルの方向性は

当事者の彼らでさえ大きく迷うところ。

 

年齢を重ねても自分ならではの道を

しっかりと確立し

順調な活躍を見せてほしいですね!

 

スポンサーリンク