スノストがキンプリに猛攻!?白熱するCD売り上げ対決!

スポンサーリンク

SixTONES & Snow ManのCD売り上げが

ミリオンを達成したと受けて

大きな反響を呼んでいるようだ。

 

Jr.時代より圧倒的人気とかっこよさで

人気を博したSixTONES。

 

新メンバー加入でグループに華が生まれた

アクロバット集団Snow Man。

 

You Tube動画の再生数、単独CD売上、

グループ対での人気で比較するなら

若干SixTONESのほうが1枚上手だが、

 

それに追随するかのごとく

Snow Manの人気も6人時代より

はるかに上がっているといえる。

 

スポンサーリンク

 

早くもCD売り切れ続出!圧倒的人気が加熱!

近所のお店に行ったらすでにCDが

売り切れていたという声がネット上にて

飛び交っている現状。

 

やはり彼らの人気は根強い傾向にあり

2020年以降は彼らが新時代を

切り開いていくとの声もある。

 

ジャニーズの現状、セクゾは下降曲線で

オワコン待ったなしの落ち目っぷり。

 

Hey!Say!JUMPもデビューから

10年以上の月日が流れるが

やはり山田涼介一強時代が依然と続き

グループの勢いは弱い。

 

頼みのキンプリも岩橋玄樹復帰の

見通しはなく5人体制が依然と続く。

 

そこに追い討ちをかけるかのごとく

スノストの猛攻や人気は今後さらに

加熱していくであろうことが予測される。

 

メンバー個々の一般知名度が皆無に等しい!

新世代グループとして圧倒的人気を加熱

させていることは公然の事実なのだが、

 

メンバー1人ひとりの一般知名度がやや

欠けているというのも懸念すべき事実。

 

前回、大々的にCDデビューを果たした

キンプリを取っても平野紫耀の花晴れ

出演でKing&Princeの名を世間に浸透

結果的に一般認知度の獲得に成功した。

 

エース平野がグループ人気に火をつけ

他メンバーもそれに追随したことで

現在のような多方面での活躍が見られる

わけだからすこぶる順調だと言える。

 

対して、スノスト2組はグループでの

勢いは高く評価されてはいるものの

どうしてもメンバー個々の認知度が

弱いことが懸念される。

 

同時デビューの大所帯という事情も

踏まえれば致し方ない問題ではあるが、

 

人気グループとして成り上がる条件の

1つとして、中心メンバーの1人が

筆頭となりグループを大きく盛り上げて

いくという流れはどうしても無視できない

 

スノストには平野紫耀と同等、

もしくはそれ以上の輝きを放つメンバーは

今のところおらず、グループ名である

SixTONES、Snow Manの知名度の

ほうが先行してしまっている現状。

 

だが、活躍次第で個々の知名度は上がって

いくので十分挽回の余地はある。

 

今後の彼らの活躍を見守るばかりだ。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

スノストVSキンプリ!『CD売上戦』勃発!

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

ジャニーズJr.のデビュー平均年齢が上がってる理由!

キンプリ!SixTONES!Snow Man!ジャニーズのこれからを考える!

SixTONESのデビュー曲に賛否両論の声続出!

Snow Man9人改変大成功!デビュー曲『D.D』は最強の楽曲!

 

スポンサーリンク