Snow Man『D.D.』から始まった!ジャニーズの新たなる領域!

スポンサーリンク

ここ最近のSnow Manを見て彼らの魅力に

はっ!……∑(゚Д゚)と気づかされた自分がいる。

 

失礼な話、Jr.時代だけに焦点をしぼって言えば

華のないグループだった。。。

 

パフォーマンスに関しては非常に高いレベルの

モノに仕上がっていたし6人それぞれが強い

信頼関係で結ばれている感じは画面越しからも

十分に伝わってきていた。

 

だが、アイドルとして不可欠な要素である

キラキラ感はなく、加えて圧倒的カリスマ性を

兼ね備えたメンバーの不在。

 

顔面偏差値もジャニーズのアイドルにしては

低いな……。と感じざるを得なかったのが

正直な意見。

 

だが、新メンバー3人の加入とともに

Snow Manの見方をガラッと変えられた。

 

加入したメンバーそれぞれ空気感が

既存のSnow Manとうまいこと重なり

個性のあるグループへと見事変貌を遂げた。

 

デビュー曲『D.D.』は歴代グループの中でもトップクラスの良作!

デビュー曲『D.D.』のMVを見た際

あの世界観で繰り広げられるダイナミックな

パフォーマンス、メンバー1人ひとりの表情に

大きな衝撃を受けた。

 

そして気づくべき点は足の長さ。

ジャニーズのアイドルはイメージ的に

身長の低い人が多いと思われがちだが

もはや、ジャニーズ=低身長男子。の時代も

終わったんだなと実感。

 

今まで大々的に推されることがなかっただけに

注目されてこなかったが、Snow Manには

身長が高くスタイルの良いメンバーが多い。

 

岩本照:182cm

深澤辰哉:174cm

ラウール:185cm

渡辺翔太:172cm

向井康二:175cm

阿部亮平:178cm

目黒蓮:184cm

宮舘涼太:173cm

佐久間大介:168cm

 

CDデビューこそ長い間果たせなかっただけに

下積み期間においては10年超え選手の

メンバーが多数在籍しているわけで

そりゃあ〜クオリティの高いものに

仕上がるよな〜!と納得の境地にいる。

 

今後ジャニーズ事務所において

10代のフレッシュさを売りにした

アイドルの輩出はどんどん減少し

 

Snow ManやSixTONESのような

実力あるグループが台頭する時代へと

切り変わっていくのだろう。

 

スポンサーリンク

『D.D.』だけじゃない!Snow Man良曲に恵まれすぎている説!

YouTubeにて配信されているSnow Manの

楽曲が非常に良曲に恵まれている。

 

今回は9人時代のもの限定で語っていくが

気になる人は6人時代の映像も見てほしい。

 

Crazy F-R-E-S-H Beat


デビュー曲『D.D.』のカップリング曲。

メンバー全員息の合ったダンスとテンポの良い

メロディーがクセになり1度聴いてしまったら

最後、ふとした瞬間にYouTubeを開いては

この曲を聴かずにはいられない。

 

非常に中毒性があり楽曲のテイスト的に

K-POPの楽曲らに近いものがある。

 

Make It Hot


非常にアップテンポな楽曲で

振り付けはA.B.C-Z五関晃一が務めた。

 

個人的に1番Snow Manらしさを感じられる

楽曲でありパワフルさも兼ね備えている。

(自分らランニング中によく聴く)

 

You Tubeにてアップされている

ダンス動画もぜひ1度見てほしい。

関連記事

Snow ManのK-POP化が進行!アジアを席巻するグループへの展望!

目黒蓮×ラウール!Snow Manシンメがジャニーズのこれからを変える!

ラウールは歴代ジャニーズグループの中でも最強のセンター!

目黒蓮はジャニーズきっての逸材!若き頃のキムタクに酷似!

向井康二のバラエティ能力がすごい!将来性と才能は若手ジャニーズ随一!

阿部亮平から学ぶ!継続力の大切さ!

岩本照復帰!Snow Manさらなる快進撃がスタート!

Snow Man9人改変大成功!デビュー曲『D.D』は最強の楽曲!

Snow Manがブサイクと言われている件について!

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

Snow Man6人体制と9人体制を語っていく!

 

スポンサーリンク