Snow ManのK-POP化が進行!アジアを席巻するグループへの展望!

スポンサーリンク

先日の少年倶楽部を視聴した際、ステージ上にて

繰り広げられたSnow Manのパフォーマンスには

目を見張るモノがあった。

 

新曲『KISSIN’ MY LIPS』は椅子を駆使したダン

スナンバーなパフォーマンスと全編英語の歌詞を

歌ったジャニーズグループとしては異色の楽曲。

 

SixTONES同様アイドルではなくアーティストと

しての部類にも属されることから今後の行く末に

も一層注目が集まる。

 

Snow ManのK-POP化が進行!

今回の『KISSIN’ MY LIPS』をはじめCDデビュー

以降の楽曲にはK-POPをモチーフした曲、パ

ォーマンスが多い印象を受けるし、その完成度

の高さには感動を覚えるばかり。

 

今となって考えれば6人から9人体制への移行も

現代音楽シーンの最先端を進むK-POPニーズを理

てうえでの戦略とも読めるし、

 

ステージ上にて繰り広げられる圧巻としたパフォ

ーマンス、洋楽ダンスナンバーへの取り組みは◎

 

実力、知名度が相まってなんらかの形でムーブメ

ントを起こせたなら、今後Snow Manがアジアを

席巻するグループになることも十分考えられる。

 

スポンサーリンク

今までのジャニーズにはなかったテイストのグループ!

Snow Man自体今までのジャニーズにはなかった

まったく新しいテイストなグループであり、ジャ

ニーズに興味ない一般層への窓口になってくれる

んじゃないかと自分は考えている。

 

現にSnow Man新規のファンは増加の一途を辿っ

てきており、若者層からの支持がもっとも根強い

傾向となっている。

 

多くのメンバーたちが多種多様な趣味、特技に精

通している点からもメディア露出へのきっかけに

もなることだろうし、メンバー全員長い下積み期

間の賜物のおかげかトーク、バラエティにもいけ

る口だ。

 

特にメンバーのラウール、目黒蓮に関していえば

ファッション雑誌のモデルも務める今どき万能型

ジャニーズの代表格でもあり、

 

ジャニーズ=小柄な美少年という既存のジャニー

ズ像を打ち壊してくれる存在にもなりうる。

 

さらにいえばメンバー全員が各方面で活躍するこ

とのできる能力も兼ね備えていて、

 

以下、列挙していくと、、、

 

岩本照→筋肉。

深澤辰哉→モノマネ。

ラウール→ダンス、モデル。

渡辺翔太→美容。

向井康二→関西仕込みのトーク、MC。

阿部亮平→気象予報士と大学院、

目黒蓮→モデル、俳優

宮舘涼太→衣装デザイン、バラエティ

佐久間大介→アニメ。

 

上記の特技やスキルを活かしたドラマやバラエテ

ィへの出演はもちろんのことさまざまなメディア

での活躍も今後期待できるだろう。

関連記事

目黒蓮×ラウール!Snow Manシンメがジャニーズのこれからを変える!

目黒蓮はジャニーズきっての逸材!若き頃のキムタクに酷似!

Snow Man『D.D.』から始まった!ジャニーズの新たなる領域!

Snow Man9人改変大成功!デビュー曲『D.D』は最強の楽曲!

キンプリ!SixTONES!Snow Man!ジャニーズのこれからを考える!

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

Snow Manがブサイクと言われている件について!

Snow Man6人体制と9人体制を語っていく!

道枝駿佑VSラウール!若手ジャニーズ徹底比較!

ラウールは歴代ジャニーズグループの中でも最強のセンター!

ラウールは山田涼介のような絶対的センターになり得るのか?

 

スポンサーリンク