Snow Man6人体制と9人体制を語っていく!

スポンサーリンク

Snow Manがメンバー増員してから

数ヶ月が経過した現在

 

少しずつではあるが9人のSnow Manが

受け入れられつつある。

 

当初は意外なメンバーでの増員とあって

驚きの声を隠せないファンが多くおり

 

ネット上で最年少メンバーの

ラウールを叩く声も少なくなかった。

 

今回は9人のSnow Manと

6人のSnow Manを実際に見て

私が感じたことをまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

メンバー増員でグループに華と若さが生まれた!

6人時代のSnow Manは華と若さがない

舞台班としてのイメージが強く

 

今まで通り6人で活動していたとしても

デビューはおろか一般スルーされる

未来しかない。

 

センターで華のあるラウールと、

踊れる・喋れるメンバーの

向井康二と目黒蓮が加わることで

注目度UPにつながる。

 

アクロバットのレベルを落としての

メンバー増員には未だ賛否両論あるが

6人のままだったら

 

アクロバットうんぬんの前に

一般ウケにはつながらなかっただろう。

 

スポンサーリンク

 

Snow Man6人派を変えるには時間がかかる!

Twitter上では今なおタッキーや

新メンバー、9人応援派を叩く

攻撃的な人達がいる。

 

長い間6人のSnow Manを

応援してきた人たちを変えるのは

時間がかかるだろうし

 

私の目から見ても

9人のSnow Manになってから

まったく別物のグループを

見せられているような感覚はある。

 

Jr.ユニットのグループ変遷は

よくあることだが

Snow Manに関しては6人の活動が

あまりにも長すぎたせいか

 

多くのスノ担たちも6人の空気感が

当たり前だと体に染み付いてる。

 

今でこそA.B.C-Zの絶対的な存在となった

橋本良亮も加入当初は批判の声も

あったりして不遇の時代を送っていた

時期がある。

 

だが、エビの現状を見ても

橋本1人の若さとスター性では

4人の地味さを埋めきれないでいる。

 

こういった経緯を踏まえると

Snow Manの3人増員は方向性としては

正解で今後は6人オタは少数派と

なっていくことだろう。

 

まとめ

メンバーが増員したことにより

グループに華が生まれたことは

間違いない。

 

ビジュアルとアクロバットを

兼ね備えた新制Snow Manは

今後、今まで以上の力を発揮する

ことだろう。

 

彼らの活躍や魅力には

より一層注目していこうと思います!

 

スポンサーリンク