SixTONESがYouTube Fan Fest Musicに出演!感想や思うことをまとめてみた!

スポンサーリンク

2018年12月11日に開催された

YouTube Fan Fest Musicにて

ジャニーズJr.チャンネルから

SixTONESが参加した。

 

ジャニーズJr.チャンネルにおいても

すでにファンフェスの動画が

投稿されているので

 

チェックしてみてください。

さて、今回ですけども

SixTONESが出演した

 

YouTube Fan Fest Musicの

感想や思うことについて

まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

アイドルではなくアーティスト!

今回彼らが出演した

YouTube Fan Fest Musicの会場は

幕張メッセ。

 

ジャニーズJr.のユニットが

このような大々的なイベントに

参加するというのは

 

ジャニーズの長い歴史のなかでも

初めてのこと。

 

SixTONESのパフォーマンスといえば

ワイルドでありオラオラ系。

 

品行方正を保つ

キンプリのようなアイドル像とは

真逆の存在。

 

ステージが大きくなったことで

彼らのパフォーマンスがいつも以上に

迫力を増しており

 

1人ひとりの個性が大きく出ていた。

 

今回披露した曲は

「JAPONICA STYLE」をはじめ

「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」の3曲

 

どれもSixTONESらしい楽曲であり

会場のお客さんも

ものすごく盛り上がっていたことが

動画を通してわかった。

 

初めて見る人たちは

彼らがジャニーズ所属のアイドルグループ

だということはわからないだろう。

 

もはやアイドルというよりも

アーティストという表現のほうが

しっくりくる。

 

田中樹のMCのうまさ

ここ最近の田中樹の司会のうまさには

目を見張るものがある。

 

YouTube Fan Fest Musicにおいて

時間は短いものの

田中樹のメンバーをまとめる

MC力は発揮されており

 

SixTONESが配信している

「ストラジ」でも

田中のMC力には高評価が多い。

 

少年倶楽部だけを見ていた頃の

私はこの事実に気づかず

 

ラップ担当という位置づけだけで

田中を見ていた。

 

最近のSixTONESの

めざましい活躍のおかげで

彼に備わっている本来の力を

あたらめて確認できた。

 

スポンサーリンク

 

小クラだけでは気づかない彼らの魅力!

ザ少年倶楽部では

気づくことができかった

 

SixTONESの魅力が

YouTubeの動画には

たくさん詰まっている。

 

現に他ユニットの動画の

平均再生回数と比べても

 

SixTONESの動画は

圧倒的に多くの人に見られており

 

そのことからも

彼らの人気の高さがうかがえる。

 

今回のYouTube Fan Fest Musicの動画を

見てわかるとおり

 

彼らのパフォーマンスは

少年倶楽部の収録がおこなわれている

NHKのスタジオよりも

 

横浜アリーナや幕張メッセのような

大規模なステージの

パフォーマンスのほうが

圧倒的に映えるし

 

かっこよさがいつも以上に際立つ。

 

男性にオススメしたいアーティストNo.1

ジャニーズといえば女性ファンが

大きな割合を占めており

 

ジャニーズが好きな男性ファンは

なかなか応援しづらい現状があります。

 

ですが、SixTONESのユニット色や

パフォーマンスを見ても

 

男性ウケは非常にいいと思われますし

 

彼らが今後もっと有名になれば

多くの男性ファンが増えると

私は考えている。

 

2018年11月16日に投稿された

ストラジ公開ライブ配信の動画でも

 

男性限定ライブをおこないたいという話が

ちらっと出てきました。

 

今後おこなう予定があるのなら

ぜひ行ってみたいものです。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’s’ニュース関連記事

SixTONESメンバーの魅力やキャラクター性についてまとめてみた!

SixTONESのMVが大成功!ジャニーズ新時代の幕開けか!?

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

SixTONESのセンターは誰が1番ベストなのか考察してみた!

京本大我VS松村北斗!徹底比較してみた!

まとめ

YouTube Fan Fest Musicにおいて

披露された彼らのパフォーマンスは

Jr.のレベルとは思えない

素晴らしいものでした。

 

今後もSixTONESの新曲や

新たな情報が入り次第

取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク