SixTONESがアブナイ夜会に出演!感想と思うこと!

スポンサーリンク

先日、SixTONESがTBSの人気番組

櫻井・有吉アブナイ夜会に出演した。

 

今1番の注目株アイドルの

出演とだけあってTwitter上では

“SixTONES””夜会”といったワードが

トレンド入りを果たした。

 

今回はSixTONESの夜会出演を観た

感想をつらつらとまとめていく!

 

スポンサーリンク

 

京本・ジェシーがモノマネを披露!

マイク

番組内ではSixTONESのメインボーカル

である2人が得意のモノマネを披露した。

 

ジェシーは定番のドナルドダックの真似を

京本はジャニーズの先輩方の歌い方を

メドレー形式でおこなった。

 

Jr.としての下積み期間が長いだけあって

ステージ上でのエンターテイメントだけに

とどまらない。身近にできそうで出来ない

高度なレベルのモノマネというものが

視聴者の関心を寄せる。

 

特に京本とジェシーはセンターという

だけあって今後もより一層多くの注目を

集めていくだろうしモノマネや歌に関する

スキルなどを小出しにしていくことで

 

「次は何を見せてくれるのだろう」

といったワクワク感情も刺激してくれる。

 

そういった実力ありきの魅力が

あるからこそ多くの人たちを惹きつける

んだろうし人気にもつながっていく。

 

田中樹がみちょぱにガチ告白!?

田中は憧れの人と称し共演者である

池田美優ことみちょぱを挙げた。

 

リスペクトを込めて養っていきたい

発言しファンの間では歓喜の声が

あがっている。

 

みちょぱといえば過去に男に寄った時点で

ギャルじゃない!とも発言するほどの

根っからの黒ギャル女子。

 

その芯の強さが人気を博し多くの

若者女子たちの支持を集めた。

 

黒髪清楚系連なる現代で

みちょぱのような女性に惹かれるのは

見る目があると言えるし

 

田中自身もヤンキー気質な部分を兼ね

備えていることからお似合いともいえる。

 

スポンサーリンク

 

SixTONESが令和ジャニーズ!?年齢的に若干の違和感!

さらに番組内では嵐とSixTONESを

平成ジャニーズと令和ジャニーズと称し

徹底比較した。

 

テレビ番組が主流の時代に冠番組を持ち

多くの歌番組やドラマに出演し

国民的アイドルにまで上り詰めた嵐。

 

ジャニーズはデジタルの時代へ

世間のテレビ離れが進行しSNSが普及!

ジャニーズでは史上初YouTube単独

チャンネルを開設したSixTONES。

 

世代間によって違うジャニーズの

歩みをわかりやすく解説したわけだが

SixTONESを令和ジャニーズと呼ぶには

どことなく違和感を感じてならない。

 

SixTONES自体メンバーの平均年齢が高く

平成一桁生まれのメンバーで構成されて

いるわけだがこの世代はギリゆとり世代

の区分にも含まれていて平成の時代に

どっぷり浸かった世代ともいえる。

 

それに令和に時代が変わってから

年数も経過してない現状で

SixTONESを令和ジャニーズと高らかに

呼ぶには気が早すぎるのではないか?

と訴えたい所存。

 

ともあれ番組の企画自体はそれほど

悪いものでもなく楽しく観ることが

できたので結果としては見応えがあった。

 

スポンサーリンク

 

SixTONES関連記事

SixTONESはジャニーズに革命を起こすことはできるのか?

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

SixTONES公式チャンネル開設にモノ申す!

SixTONESメンバーの総合力をまとめてみた!

 

まとめ

令和ジャニーズ代表?のSixTONESが

夜会に出演を果たしたことは

スターへの道を一歩突き進んだといって

も他ならない。

 

彼らの今後の活躍がとても楽しみだ。

 

スポンサーリンク