SixTONES VS Snow Manの対決構図に賛否両論の声続出!

スポンサーリンク

SixTONESとSnow Manの同時デビューに

不穏な空気が流れているようだ。

 

アイドル誌Myojo12月号では

SixTONES版Snow Man版による

2パターンを発売することが発表された。

 

切磋琢磨という意味を込めて

2組同時デビュー戦略のようだが

彼らの女性ファンは「数字」として

明確な結果を突きつけられるのを

好まないようだ。

 

スポンサーリンク

 

女性ファンたちの傾向!

SixTONESやSnow Manのファンに

限らず多くの女性ファンたちは

グループ内格差や数字に焦点を当てた

比較をやたら嫌う傾向にある。

 

かつてセクゾやキスマイの

グループ内格差が激しかった頃

多くの女性ファンたちが口を揃えて

「メンバー間の格差を無くすべき」

声高らかに叫んでいた。

 

ジャニーズに限らず女性というものは

男性グループに仲の良さや平等を

求めがちになるところがあり

競争市場に対しとことんクチうるさい

部分があったりする。

 

ジャニーズでは初!同時デビューの試み!

ともあれ、ジャニーズ2組同時デビューは

前例の無い新たな試みである!

 

切磋琢磨し合いながら双方どのような

相乗効果をもたらすのかも見ものだし

 

コラボレーションシングルと名乗り

双方のグループが結束し1つの楽曲を

出したりするかもしれないという

まだ見ぬ未来にも期待がふくらむばかりだ

 

スポンサーリンク

 

同時デビューに賛否両論!

Myojo12月号の件を踏まえても

ジャニーズ事務所はスノスト対決構図

全面的に押し出す戦略に出るようだ。

 

だが、この対決構図には

多くのファンが疲弊しきっているようだ。

 

同時デビューと大々的に発表されては

自ずと双方のCD売り上げ枚数などを

意識してしまうのは当然の流れ。

 

「数字」というわかりやすい指標で

双方のグループ間でわかりやすい

序列みたいなモノが出来上がって

しまうのはファンとしては辛いところ。

 

これは避けようのない

現実になることだろう。

 

現時点のパフォーマンスや勢い、

どちらかのグループに所属している

メンバーたちを見ても

やはりSixTONES優勢だと言える。

 

おこぼれ感漂う!Snow ManのCDデビュー!

Snow Manはタッキーがいてこそ

CDデビューできたとの声も多く

A.B.C-Zを彷彿とさせるおこぼれ

デビュー感が漂っている。

 

メンバー1人ひとりのルックスも

ジャニーズにしてはそれほど高いレベル

のものではなく、ラウールや目黒といった

加入メンバーがいてこそ

 

ジャニーズアイドルとしてグループの

メンツが成り立っているとも言える。

 

アクロバットやダンスのクオリティ

だけで言えば定評のあるグループなのは

間違いないが、SixTONESに比べて

どうしてもメンバー1人ひとりの

個性が弱すぎる。

 

デビュー後はどのような差別化を

図っていくのだろうか。

 

関連記事

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

SixTONESはジャニーズに革命を起こすことはできるのか?

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

SixTONES公式チャンネル開設にモノ申す!

SixTONESメンバーの総合力をまとめてみた!

SixTONESのセンターは誰が1番ベストなのか考察してみた!

Snow Man6人体制と9人体制を語っていく!

ラウールは歴代ジャニーズグループの中でも最強のセンター!

Snow ManはCDデビュー後ブレイクすることができるのか?

Snow Manがブサイクと言われている件について!

 

スポンサーリンク