SixTONESが親近感売りの方向性にシフト!?KAT-TUN二世の呼び声も過去のモノに!

スポンサーリンク

7月23日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』

にてSixTONESの京本大我、田中樹、高地優吾が

ゲスト出演した。

 

番組ではSixTONESの現状に関する事柄を主に進

行されていったが、2020の年上半期を彩った

人気ジャニーズとは思えない発言が飛び出した。

 

SixTONESが親近感ウリにシフト!?CDデビュー後の現状!

番組では、デビュー後の生活が激変したという

様々な項目で「Before」と「After」について

問われたSixTONESの3人。

 

デビュー後は仕事ばかりの日々を過ごすかと思い

きや、意外にも休日だらけの挨拶三昧の日々を送

っているとことで、

 

グループの認知向上のためデビュー曲のCDを名刺

代わりに営業活動に近いこともおこなっていると

テレビの前で明かした。

 

ジャニーズの圧倒的実力派グループとはいえ地道

な活動をテレビの前で赤裸々に告白するといった

苦労話の親近感をウリにした瞬間が垣間見れた。

 

SixTONESといえばJr.時代よりKAT-TUN二世との

呼び声も高くKAT-TUNの楽曲のカバー、自身らの

楽曲自体ロックテイストなものが多かったりして

 

オラオラなイメージがもっと根づくものとばかり

思っていたが、ゆとり版KAT-TUNとも呼べるマイ

ルドヤンキー感と内輪ネタのお笑いを行き来する

グループへと進展することとなった。

 

スポンサーリンク

関連記事

SixTONESアーティスト化で人気低迷!?完成されきったグループの今後の課題!

SixTONESメンバーの魅力やキャラクター性についてまとめてみた!

松村北斗の人気やかっこよさの秘訣を徹底解説!

ジェシーがSixTONESのセンターになれた理由を考察!

京本大我の中性的なかっこよさについて語る

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

京本大我VS松村北斗!徹底比較してみた!

SixTONESはジャニーズに革命を起こすことはできるのか?

SixTONESのデビュー曲に賛否両論の声続出!

SixTONESの新曲「RAM-PAM-PAM」に賛否両論!

SixTONESイケメンランキング!最強の顔面を持つ男は誰だ?

 

スポンサーリンク