デビュー後のSixTONESがSnow Manに逆転されている件!

スポンサーリンク

2020年、ジャニーズJr.内にて人気を

二分していたSnow Manとともに

CDデビューを果たしたSixTONES。

 

Jr.時代より高いパフォーマンス力、楽曲、

メンバー6人の個性が高く評価されていた

だけにデビューを待ちわびるファンの存在は

非常に多かった。

 

私自身も1人のSixTONESファンとして

長らく彼らの活躍を追ってきただけに

CDデビューが決まったと聞いた瞬間には

感極まってしまった。

 

実際、当時のTwitterのトレンドにも

SixTONESの名がトップに飾られていたし

YouTubeに違法アップロードされている

SixTONESの動画のあちこちにデビューへの

歓喜の声が舞い上がっていた。

 

これだけの大きな期待を寄せられていただけに

CDデビュー後の彼らの活躍がパッとしない

と感じているのは自分だけだろうか?

 

スポンサーリンク

 

Snow ManがSixTONESに逆転!?

コロナウイルスの影響下でジャニーズ全体が

停滞の域に突入している現状、今は仕方のない

状況だと言い聞かせるしかない。

 

実際、彼らがCDデビューを果たしてから

4ヶ月程度の歳月(5月29日現在)しか

経っておらず大きな活躍を期待するには

まだ早すぎる段階だとも感じる。

 

だが、同時デビューを果たしたSnow Manに

関していえばなぜか高評価の声をたびたび

耳にすることが多い。

 

CDデビュー以前でいえばSixTONESを

支持する層が圧倒的多かった現状、

Snow Manが着々と人気を獲得しつつあり

今や逆転しかけているではないか。。。

 

現時点での『Imitation Rain』『D.D.』の

再生回数もご覧のとおり。

 

『Imitation Rain』:2100万再生。

『D.D.』:2600万再生。

 

チャンネル登録者こそSixTONESが

Snow Manを上回ってはいるものの

動画自体の再生回数はすでに500万ほどの

大差をつけられている。

 

世間のニーズ、MVの完成度、

楽曲の聴きやすさ等を考慮すれば、

 

Snow manの『D.D.』は、

SixTONESの『Imitation Rain』に比べ

ジャニーズ寄りの要素が多く含まれている

と私自身感じている。

 

対して、SixTONESの楽曲も悪くはないが

デビュー曲にしてはロックテイストな

バラード寄りでジャニオタ、一般層が

聞くぶんには少々重く感じる。

 

彼らの熱狂的なファンはどんな彼らも

受け入れられる包容力を持ち合わせて

いるのかもしれないが、

 

ジャニーズのアイドルというカテゴリー

において『Imitation Rain』のような楽曲は

どうしても受け入れがたい現状があった

のかもしれない。

SixTONESのデビュー曲に賛否両論の声続出!

 

SixTONESというグループが魅力的なだけに

彼らに大きな期待を寄せてしまっている人が

私を含め少なからずいるのも事実。

SixTONESはジャニーズに革命を起こすことはできるのか?

SixTONESはキンプリに打ち勝つことができるのか?

 

それだけに楽曲自体の評価が高くなり

Jr.時代の彼らの功績の懐古厨へと誘われる。。

 

関連記事

SixTONESイケメンランキング!最強の顔面を持つ男は誰だ?

SixTONES & Snow Manのデビュー曲にモノ申す!

SixTONESは6人時代のKAT-TUNを彷彿させるグループである!

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

松村北斗の人気やかっこよさの秘訣を徹底解説!

SixTONESメンバーの魅力やキャラクター性についてまとめてみた!

 

スポンサーリンク