SixTONESの新曲「RAM-PAM-PAM」に賛否両論!

スポンサーリンク

KAT-TUNの後継者グループである

SixTONESが10月4日の少年倶楽部にて

新曲「RAM-PAM-PAM」を披露!

 

SixTONESらしいオラオラした楽曲と

なっておりメンバーそれぞれの衣装や

パフォーマンスにもしっかりと個性が

兼ね備えられていた。

 

自分としては非常に高評価な

ステージだったのだが、振り付けの

“赤パンツ”を見せるといった特典を

盛り込んだせいでこの楽曲に賛否両論が

生まれてしまった。

 

スポンサーリンク

 

RAM-PAM-PAMはSixTONESらしい非常に尖った楽曲!

楽曲のパフォーマンス自体は

インパクトがありジャニーズらしからぬ

SixTONESっぽい魅力がふんだんに

詰まっている。

 

衣装やパフォーマンスはもちろんのこと

KAT-TUNを彷彿とさせたオラオラ路線

今のジャニーズにはとても稀有な存在。

 

自分のような男ジャニオタの

イチ意見としてRAM-PAM-PAMの

ような楽曲には熱烈な思いみたいな

ものがあったりする。

 

デビュー後はキスマイのように

爽やか路線に行かずオラオラ路線を

貫き通してもらいたい。

 

初見での彼らのパフォーマンスはインパクトは”大”!

耳から離れないサウンド、挑戦的な歌詞

インパクトの強い振り付け、個性に富んだ衣装

 

現在の全ジャニーズグループにおいて

SixTONESにしかできない唯一無二の

パフォーマンス。

 

世間へお披露目することになった際

初見の人らは彼らのパフォーマンスに

衝撃を受ける人が大量発生するに違いない

 

雑音蹴散らして俺らについてこい!

言わんばかりの世間への挑発的な“何か”

を彼らからはひしひしと感じる。

 

スポンサーリンク

 

パンツを見せるパフォーマンスに賛否両論!

RAM-PAM-PAMは非常にインパクトに

富んだ楽曲となっているが同時に賛否両論

の意見が多く飛び交っているのも事実で

 

問題シーンである赤パンツを見せる

振り付け部分に対し「下品!」「不快!」

といった言葉がちらほらと。。。

 

ジャニーズでありアイドルという

フィルターを通して彼らを見るせいか

清廉潔白な姿勢を求める声があるのも

現実的にあったりする。

 

意見の中には大胆に見せるのではなく

チラ見せするくらいのほうがかっこいい

のではないか?という声もちらほら

見受けられることから

 

断固とした反対意見ではないことも

うかがえる。

 

SixTONESはアイドルであると同時に”アーティスト”!

SixTONESはジャニーズにおいて

唯一、アーティストチャンネルを持たせて

もらっている生粋の実力派グループ

である事実をご存知だろうか?

 

ジャニーズ=アイドル。というイメージを

払拭し改めて“アーティスト”という目線で

彼らのパフォーマンス見れば考え方や

捉え方もだいぶ変わってくるに違いない。

 

今回の赤パンツを見せる振り付けも

プロのアーティストとして彼らならではの

パフォーマンスを披露しただけにすぎない

 

彼らはジャニーズ所属の

『アーティスト』なのだから。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

SixTONESのセンターは誰が1番ベストなのか考察してみた!

SixTONESメンバーの総合力をまとめてみた!

SixTONESがアブナイ夜会に出演!感想と思うこと!

SixTONESイケメンランキング!最強の顔面を持つ男は誰だ?

SixTONESはジャニーズに革命を起こすことはできるのか?

SixTONESは6人時代のKAT-TUNを彷彿させるグループである!

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

 

スポンサーリンク