SixTONESが抱えるキンプリへの想い

スポンサーリンク

現在ジャニーズJr.チャンネルで

大活躍中の人気ユニットSixTONES。

 

2018年に投稿された

JAPONICA STYLEが大ヒットを飛ばし

Youtube Fan Fest Musicにも出場した。

 

そんな大活躍中のSixTONESが

後輩にあたるKing&Princeの

デビューについての心境を告白した。

 

彼ら6人は何を語ったのか?

 

スポンサーリンク

 

キンプリCDデビューの心境

SixTONESはキンプリメンバーに対して

認めざるを得ない

スター性のある6人と答え

 

いつデビューしても

おかしくない存在だったという。

 

SixTONESにとって

キンプリのデビューは遅いくらい

だったとのことで

 

松村に関しては

グループとして割と完成されていたと

評価している。

 

後輩にデビューを越された辛さ

キンプリのCDデビューに関して

ポジティブな発言が多いSixTONESだが

 

それでもやはり後輩にデビューを

越された悔しさというのは

想像を絶するものがあるのではないかと

私は感じてしまう。

 

2015年のMr.King VS Mr.Princeの

結成前まではSixTONESが

Jr.のトップだった。

 

そこに突如として現れた

関西からの有能アイドル

平野紫耀と永瀬廉。

 

彼ら2人の存在と

キンプリ結成によって

 

SixTONESはフロントから

後退してしまった。

 

そこからのキンプリの活躍は

すごかった。

 

Mステ出演に冠番組の開始

平野紫耀の初主演映画など

瞬く間にJr.のトップへと成長。

 

しかもキンプリメンバーのほとんどが

SixTONESよりも年下で

ジャニーズ歴も短い。

 

これだけの活躍を見せられて

悔しさを感じないほど

彼らのプライドは低くない。

 

口に出さないものの心の奥底では

悔しさでにえたぎっているはずだ。

 

スポンサーリンク

 

Youtubeでの活動

キンプリデビュ後にスタートした

ジャニーズJr.チャンネル。

 

そのなかでもSixTONESは

ダントツの再生数をほこり

 

11月に投稿された

JAPONICA STYLEのMVも

すでに400万再生以上を記録。

 

Youtubeを通じて

SixTONESを知った人も多い。

 

現に彼らはYoutubeでの活動を通じて

CDデビューという形だけでない

新たな活躍の場を広げている最中。

 

ジャニーズで最初にレコードを

出した人がいるように

 

最初に楽曲配信したグループが

SixTONESというのも

方向性としては大正解。

 

これからの若い世代のため

ジャニーズの新しい方向性を

どんどん開拓していってほしい。

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

SixTONESメンバーの魅力やキャラクター性についてまとめてみた!

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

SixTONESのMVが大成功!ジャニーズ新時代の幕開けか!?

SixTONESがYouTube Fan Fest Musicに出演!感想や思うことをまとめてみた!

 

まとめ

キンプリデビューに関して

ポジティブな発言が多いSixTONESですが

 

心の奥底では男としての

闘志でにえたぎっているはず。

 

Youtubeでの活動を通じて

これからも大きな活躍を見せてほしい。

 

スポンサーリンク