SixTONESのデビュー曲に賛否両論の声続出!

SixTONESのデビュー曲に賛否両論の声続出!

2019/11/30(土)
SixTONES
スポンサーリンク

YOSHIKI「デビュー曲できたで!」

 

SixTONES「早速、音源聴いてみよう!」

 

………。

 

SixTONES「え?微妙じゃね?」

 

SixTONES「JAPONICA STYLEのほうがよかったんじゃ……?」

 

SixTONES「でも、YOSHIKIさん相手にデビュー曲微妙ですなんて言えないし……。」

 

SixTONES「これからこれでやってくのか……。」

 

スポンサーリンク

 

SixTONESのデビュー曲に賛否両論!

早速、SixTONESのデビュー曲

「Imitation Rain」がYouTubeにて

アップロードされてるのを発見。

 

コメント欄を見てみると少なからず

否定的な意見もあったりする。

 

華々しくデビューするのにこの曲は

インパクトに欠けるのではないか?

 

コンサートでファンと一緒に盛り上がれ

ないのではないか?

 

など、ジャニーズのデビュー曲において

ここまで賛否が分かれるのも珍しい。

 

さらにSixTONESの場合、代表曲である

JAPONICA STYLEの出来栄えが

あまりにも良すぎるがゆえどうしても

それと比較してしまう人もいるだろう。

 

メンバー全員が常々KAT-TUNに憧れて

いるとも口にしてきており少クラなどで

披露する楽曲もかっこいいロック系ソング

が多いのも実在としてあったりする。

 

従来のジャニーズにはないバラード系

デビュー曲にSixTONESのファンたちは

盲目的に賞賛の声をあらわにしているが、

 

この曲が果たして一般ウケするのかも

甚だ疑問である。

 

若手ジャニーズたちを支持する層は

若年層がもっとも多く彼らはわかりやすい

かっこよさ、可愛さなどを求める節があり

 

若年層に対して評価が大きく割れる曲

なのではないか?とも自分は懸念している

 

シンデレラガールのようなわかりやすい

王道アイドルソングであれば世代問わず

すんなりと受け入れられる人は多いが

 

このImitation Rainはアーティスト路線を

攻めすぎたがゆえ本来の持ち味である

ジャニーズらしさをことごとく消して

しまったともいえる。

 

“ジャニーズっぽくない”は攻めすぎてもダメ!

ジャニーズやアイドルが好きな層という

のは表面的に見えるかっこよさや可愛さ

だったりを求めるところがあり、

 

こだわりすぎたアーティスティックな音楽

やアイドル性を感じない独自路線は

ウケが良くないといえる。

 

今でこそ賞賛の声が多い赤西仁も

25〜26歳当時、洋楽方面に覚醒し

多くのファンが彼のもとから離れて

しまった前例をもとにしても

 

SixTONESメンバーの平均年齢的に

アーティスト路線を攻めるのは

まだまだこれからだろうし

 

20代半ばあたりだったら

グループカラーに合ったわかりやすい

かっこよさに身を置いたほうが

安定ともいえる。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

SixTONESは6人時代のKAT-TUNを彷彿させるグループである!

SixTONESは6人時代のKAT-TUNを 彷彿とさせるグループである。 &n…
dejihiro.com

スノストVSキンプリ!『CD売上戦』勃発!

2020年SixTONESとSnow Manによる 合同CDデビューに伴いキンプ…
dejihiro.com

SixTONES✕Snow Man!合同デビューシングル形態にモノ申す!

10月23日。SixTONESとSnow Man によるライブ配信がJohnny…
dejihiro.com

SixTONES & Snow Manの下積み期間がすごすぎる件!

先日、ジャニーズ史上初の 2組同時CDデビューを発表した SixTONESとSn…
dejihiro.com

ジャニーズJr.のデビュー平均年齢が上がってる理由!

2020年1月22日。 SixTONESとSnow Manが合同で CDデビュー…
dejihiro.com

 

スポンサーリンク