SixTONES & Snow Manのデビュー曲にモノ申す!

スポンサーリンク

先日、「ベストアーティスト」にて

共にデビュー曲を披露した

SixTONESとSnow Man。

 

早速、Twitter上では賞賛と歓喜の声が

舞い上がりジャニオタ発狂祭り

所々でおこなわれている。

 

今回はSixTONESのデビュー曲

「lmitation Rain」Snow Manの

デビュー曲「D.D.」を観た感想と印象

について独断と偏見で語っていく。

 

スポンサーリンク

 

SixTONESのデビュー曲について!

作詞作曲はX JAPANのYOSHIKIが

手掛けたというだけで話題沸騰。

 

自身がジャニーズの曲を手掛けるのは

初ということでCDデビュー早々

VIP待遇の恩恵と大きな期待授かった

SixTONESの面々。

 

デビュー曲を聴いた感想としては

このlmitation Rainは従来のジャニーズ

のデビュー曲とはまったく毛色の違う

アーティスティックな路線なだけに

大きく好みが分かれそうな

気がしてならない。

 

従来のジャニーズのデビュー曲といえば

希望Yell、Every body Go、シンデレラ

ガールのような万人受けしやすい

アップテンポな楽曲であることが

ほとんどだ。

 

それに対し今回のSixTONESの

デビュー曲はジャニーズっぽさを

まったく感じさせないしっとりとした

バラード系ソングとなっている。

 

SixTONESの楽曲の多くはamazing!!!!!!

JAPONICA STYLE、RAM-PAM-PAM

のようなロックテイストな楽曲が多く、

その印象が強いあまりどうも今回の

SixTONESのデビュー曲は自分の中で

あまり好きにはなれない。

 

個人的にはKAT-TUNのReal Faceの

ようなアップテンポかつロックテイスト

な曲調の楽曲を期待していただけに

少し残念といったところ。

 

Snow Manのデビュー曲について!

作詞はキスマイの楽曲を多く

手掛けてきた栗原暁さん。

 

作曲はEvery Little Thingをはじめ

数々のジャニーズグループたちの

楽曲も手掛けてきたHIKARIさん。

 

お二方ともジャニーズの楽曲を

世に多く送り出してきた実績のある

方々でそんな2人が手掛けた楽曲とも

あれば良曲じゃないはずがない。

 

デビュー曲D.D.はSnow Manの

強みでもあるアクロバットやダンス

を生かしたスピード感あふれる

ド派手な楽曲。

 

9人全員のダイナミックなダンスには

目を見張るものがあり、Snow Man

本来の良さを十分に引き出している

楽曲ともいえる。

 

良い意味で従来ジャニーズのような

デビュー曲感を感じさせない洗練さは

長い下積み時代とパフォーマンスに

特化したグループだからこそできる芸当。

 

センターであるラウールが

Snow Man加入後、徐々に垢抜けていき

グループの空気感に上手いことマッチ

していってるのにも文章ではとても

表現し難いエモさがある。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

SixTONES & Snow Man!FC会員数でキンプリに敗北!?

SixTONES✕Snow Man!合同デビューシングル形態にモノ申す!

キンプリVSストVSスノ!2020年ジャニーズ戦国時代の幕開け!

SixTONESはキンプリに打ち勝つことができるのか?

SixTONESメンバーの総合力をまとめてみた!

ラウールは歴代ジャニーズグループの中でも最強のセンター!

Snow Manがブサイクと言われている件について!

 

スポンサーリンク