SixTONESとSnow ManはJr.という枠から卒業するべき!

スポンサーリンク

ジャニーズアイランド発足後の

Jr.の勢いはとどまることを知らず

今やデビュー組に匹敵するほどの

幅広い活躍を見せている。

 

なかでもSixTONESSnow Manの2組は

すでにJr.の域を超えたレベルに達していて

雑誌の表紙、CM、音楽番組にも

出演を果たしており

 

彼ら2組を”ジャニーズJr.”という

枠組みから卒業させるべきという声も

少なくない。

 

スポンサーリンク

 

ジャニーズJr.という枠組みからの卒業

SixTONESとSnow Manに限らず

かつて爆発的な人気や実力を誇ったがゆえ

Jr.という枠組みから卒業したジャニーズは

過去をさかのぼれば多数いる。

 

・KAT-TUN

・滝沢秀明

・生田斗真

・風間俊介

 

上記に挙げたのはかつて表舞台で

大きなムーブメントを起こし

Jr.という枠組みから卒業した

人気ジャニーズたち。

 

それこそデビュー前のKAT-TUNは

人気番組「ごくせん」へ出演を果たし

KAT-TUNの名を全国区へと知らしめ

 

東京ドーム単独コンサートを

成功へと導いた過去があり

 

滝沢秀明もその昔、ジュニア黄金期と

呼ばれた時代に大きく貢献し

ジャニーズJr.という存在を

世に知らしめた先駆者でもある。

 

華やかな注目を浴びている

人気ジャニーズたちの一例を見れば

Jr.という枠組みからの卒業は

ごくごく選ばれた人に限る

狭き門のように感じるが

 

浜中文一や屋良朝博のように

ひっそりとドラマや舞台に務めた結果

Jr.という枠組みから卒業を果たした

ジャニーズは意外にも多く存在する。

 

SixTONESとSnow Manの今後

アイランド発足から現在にかけての

彼らの活躍を振り返るとドラマ、CM

雑誌の表紙など右肩上がりに表舞台への

露出が増えてきた。

 

側から見ても安定的な活躍が続くと

予想されるがジャニーズJr.という肩書きは

デビュー組のグループと違い

 

いつどうなるかわからないという恐怖

結果を残して次の仕事へと繋げなければ

といった不安定な立場にある。

 

そういった不安要素をバネにして

1つの1つの仕事を真剣にまっとう

している姿はぬるま湯に浸かりきっている

デビュー組とは大きな違いがある。

 

格式あるCDデビューという概念に

とらわれず新たな道筋を彼らには

開拓していってもらいたい。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’s日記関連記事

SixTONESメンバーの総合力をまとめてみた!

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

Snow Man6人体制と9人体制を語っていく!

Snow Manがメンバー増員後のグループについてコメント!

 

まとめ

SixTONESとSnow Manの知名度や人気は

今後も大きく右肩上がりへと上昇して

いくことでしょう。

 

Jr.という枠組みであれどこれだけの

人気を示しているのだから

遠くない未来、大きなムーブメントを

起こすときが来るかもしれない。

 

スポンサーリンク