3人体制のSexy Zoneが魅力的だった件

スポンサーリンク

ジャニーズの人気アイドルグループ

Sexy Zone。

 

若手ジャニーズのなかでは

順調なアイドル街道を突き進み

嵐の後継者とも名高い彼らだが

 

以前までは

佐藤勝利、中島健人、菊池風磨の

3人体制で活動をしていたのを

ご存知だろうか?

 

今でこそ5人組(現在1人休業中)で

活動を続けている彼らも

 

過去には松島聡、マリウス葉が

一時的にグループから離れる形となった。

 

この出来事に関して

多くのセクゾファンは

悲しみの声をあげた。

 

だが、私自身どちらかというと

3人体制でのSexy Zoneが

好きだったりする。

 

今回はなぜ私が

3人体制のSexy Zoneが好きなのか?

という理由

 

さらにはその魅力についても

解説していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

3人体制のセクゾがかっこよすぎた!

Sexy Zoneが3人体制となったのは

2014年の「男 never give up」が

発売された頃。

 

弟メンバーである松島とマリウスは

グループから脱退はしないものの

それぞれSexy松、Sexy Boysの所属となり

 

フロントメンバーである

佐藤、中島、菊池

3人でのSexy Zoneが

ここから始まった。

 

彼ら3人体制のSexy Zoneの

パフォーマンスは

 

小クラはもちろん

音楽番組でも幾度となく拝見した。

 

そのときの感想を率直に言うと、、、

 

5人のセクゾのときより良くね?

これが私の本音です。

 

5人のときは

松島、マリウスの存在で

かっこよさよりも可愛さに重点が

行きがちだったのが

 

3人になったことにより

以前よりもパフォーマンスや

グループのビジュアルに

男らしさが増した。

 

5人のセクゾはかっこかわいい路線だが

3人のセクゾはかっこいい路線。

 

男から見ても3人のセクゾは

純粋にかっこよかった。

 

今でも忘れることができないのは

2015年11月に小クラで披露した

3人の「Young&Beautiful!」。

 

アイドルとして男としての

かっこよさが全面的に出ていて

楽曲の歌声にも幼さが見えなかった。

 

今でも私は「Young&Beautiful!」

を聴く際には3人体制のを

聴くようにしている。

 

3人グループは個性を強くさせる!

NYC、Mr.King、Princeなど

3人組で活動していたアイドルグループは

いずれも個性に満ちあふれていた。

 

ファンだけでなく

一般視聴者にも名前を

覚えてもらいやすく

 

グループとしての

パフォーマンスにも華が出る。

 

では、なぜジャニーズから

3人組アイドルグループは

なかなか生まれないのか?

 

理由としては

認知はされるがブレイクはむずかしい

というところにある。

 

詳しくはこちらをどうぞ

Mr.KINGとしてデビューしていたらどうなっていたのか?

 

ファンが好きなのはやはり”5人のセクゾ”

上記で3人体制のSexy Zoneについて

あれこれ語りましたが

 

やはり多くのファンが

求めているのは”5人のセクゾ”

 

これはまぎれもない事実だ。

 

弟メンバーの松島、マリウスも

少しずつ大人の男へと成長していて

 

楽曲やパフォーマンスにおいても

昔に比べかっこいいものが多い。

 

年齢に合わせた

かっこよさが着々と出始めている。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

佐藤勝利は顔だけのポンコツセンターなのか!?

中島健人はジャニーズの次世代スター!魅力や実態を深掘り!

菊池風磨のポテンシャルが高すぎる件について

Sexy Zoneのオススメ曲10選!

 

まとめ

5人のSexy Zoneが良い。

という意見が多いなか

 

今回は3人体制のSexy Zoneについて

解説させてもらいました。

 

今後もこのような記事を

どんどん書いていくので

 

みなさんどうぞ

楽しみにしていてください。

 

スポンサーリンク