Sexy Zone紅白落選!人気低迷の理由を徹底解明!

Sexy Zone紅白落選!人気低迷の理由を徹底解明!

Sexy Zone
スポンサーリンク

ジャニーズの若手グループSexy Zoneが

2019年の紅白歌合戦に出場しない

ことが先日発表された。

 

この件に関して多くのファンが

ネット上で騒然とし落胆の声を上げている

 

Sexy Zoneといえば2013年から

2018年にかけての計6回

紅白出場を果たしジャニーズの次世代

を担う若手グループとして多くの

注目を集めていた。

 

だが、その人気も年々下降線を辿り

8年目の今オワコン化との声も

少なからずあったりする。

 

なぜSexy Zoneは紅白出場に

落選してしまったのか?

 

その原因について今回は探っていく。

 

スポンサーリンク

 

キンプリの台頭とキスマイ初出場!

ジャニーズ事務所から選出される紅白

出場グループは毎年5〜6組がお約束。

 

人気や勢いがあるからといって

必ずしも出場出来るわけでは

ないことは公然の事実だ。

 

2019年ジャニーズから

選出されるグループはいずれの5組。

 

嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、

Kis-My- Ft2、King&Prince。

 

主力メンバーの脱退が相次ぎ

グループとしての勢い低下が予測された

関ジャニは難なく8回目の出場。

 

中堅どころのHey!Say!JUMPも

さすがと言わんばかりの実力と人気を

維持し紅白出場を勝ち取った。

 

年々、メンバーそれぞれの個性も

明るみになってきている傾向があり

顔つきやグループとしての役割分担が

はっきりと明確になってきているのが

評価すべきポイント。

 

そして注目すべき今や旬のアイドル

King&Princeも2回目の出場!

 

この勢いのまま3年目、4年目と

続いていけばいいが、2020年

SixTONES、Snow Manの2組同時

デビューが決定し人気に陰りが出てくる

のではないか?とも予想される。

 

そして、意外だったのが

Kis-My-Ft2初出場の発表!

 

メンバー個々がアラサーに突入し

グループとしても個人としても

もう伸びしろはないんじゃんないのか?

と感じていたのだが、ここに来て

グループの勢いが上昇。

 

今後、大人のグループとしてさらなる

飛躍を見せてくれるかもしれない。

 

そして、肝心のSexy Zoneが

2019年の紅白に出場しないことが

発表された件について

 

やはり、キンプリとキスマイの存在が

大きく影響しているのではないか?

と予測される。

 

Sexy Zoneはキンプリと比べ

グループカラーがどことなく被り

メンバー個々のキャラクター性も弱い。

 

加えてキスマイの方も2019年は

個々の活躍が目立ち始めお茶の間に

その存在が浸透し始めてきているのが

人気の火種となっている。

 

その点、Sexy Zoneは佐藤勝利が

「ブラック校則」で主演を演じ

中島健人も例年通りの活躍を

見せつけたが、

 

なかなか人気のきっかけをつかめず

依然足踏み状態が続いている。

2020年は飛躍の年になるといいが。。

 

Sexy Zone人気低迷の原因!

メンバー全員がイケメンの高偏差値

グループとしてデビュー当時から

大きな期待を寄せられていたSexy Zone。

 

なにより「嵐の後継者」「ポスト嵐」

「次世代の国民的アイドルグループ」

の名を欲しいままにしてただけに

現在の落ち目感がハンパない。

 

それもそのはずSexy Zoneは実質

ジャニーさんのスペオキであった

佐藤勝利のために作られたような

グループであり

 

Jr.としての経験値が浅い

松島、マリウスを無理矢理ねじ込んだ

佐藤勝利と愉快な仲間たちといった

グループだからである。

 

その経験値の浅さにボロが出始め

松島聡は休養状態に突入、Sexy Zone

の代名詞ともいうべきふまけんコンビも

世間に浸透せず中島健人一強が続く日々。

 

トップレベルの顔面偏差値を誇る

佐藤勝利も永遠と無個性化が続き

天然実力派の平野紫耀に追い抜かれる始末

 

そして下からもどんどん実力派の

グループが名乗りを上げ

ジャニーズJr.チャンネルの開設や

ジャニーズアイランドの創設に伴い

 

ジャニーズJr.の活躍がどんどん表面化

されるようになってきた。

 

今やドラマ、バラエティー、雑誌へ

どんどんJr.たちが起用されるようになり

 

その活躍の幅はアイランド社の

バックアップのおかげかデビュー組と

なんら遜色のない活動を行える

環境へと一変。

 

今やジャニーズ全体において

CDデビューだけが全てではない

時代に突入し、KAT-TUNやNEWS

が台頭していた10年前の常識が

通用しなくなってきている。

 

実力のない者はどんどん淘汰

されていき実力のある者だけが

成り上がっていく仕組みへと

変わっていたのが現在の状況。

 

Sexy Zoneの場合、ジャニーズの常識が

旧式の2011年にCDデビューして

しまったものだから、実力の無い

状態からのお披露目となり

 

実力をつける機会に恵まれなかったのも

今の人気低迷に繋がる大きな点

かもしれない。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

Sexy Zoneイケメンランキング!最強の顔面を持つ男は誰だ?

どうも!アカヒロです! 今回は男ジャニオタの私が思う Sexy Zoneイケメン…
dejihiro.com

中島健人&菊池風磨!ジャニーズのシンメの魅力に迫る!

Kinki Kidsやタッキー&翼をはじめ ジャニーズアイドルにおけるシ…
dejihiro.com

中島健人や平野紫耀が現実にいたらモテるのだろうか?

中島健人や平野紫耀はリアルでも モテるのだろうか?   そんな疑問が私…
dejihiro.com

中島健人はかっこよさを追求するアスリートである!

近年の若手ジャニーズにおいて 一際、頭角をあらわにしてきているのが Sexy Z…
dejihiro.com

佐藤勝利と平野紫耀の最大の違いは〇〇だった!

佐藤勝利と平野紫耀。 共にグループのセンターということで 何かと注目の的となって…
dejihiro.com

菊池風磨のポテンシャルが高すぎる件について

人気アイドルグループSexy Zoneの菊池風磨。 ヤンチャな雰囲気で近寄りがた…
dejihiro.com

菊池風磨のキャラ崩壊からわかるジャニーズのきびしい現実

ジャニーズの次世代を担う アイドルグループSexy Zone。   そ…
dejihiro.com

 

スポンサーリンク