なにわ男子の”東京ジャニーズ感”にジャニオタはどう思うのか?

スポンサーリンク

関西ジャニーズJr.の

7人組ユニットなにわ男子。

 

数々のバラエティー番組や

音楽番組に出演を果たし

 

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」

にはメンバーの道枝駿佑と長尾謙杜が

メイン生徒役として出演!

 

今、1番CDデビューに近いグループと

言っても過言ではないだろう。

 

なにわ男子は従来の関西Jr.とはどこか違う

関ジュであって関ジュでない

東京Jr.のようなグループだなと

私は感じている。

 

今回はなにわ男子の東京Jr.化について

私なりの考えをまとめていく。

 

スポンサーリンク

 

従来の関西ジャニーズJr.

関西ジャニーズJr.といえば

家族感や団結力といった仲間意識が強く

 

みんな仲間なんだから

手を取り合ってがんばろうぜ感

が東京Jr.に比べて強い印象がある。

 

東京Jr.に比べテレビ出演の機会も少なく

陽の目を浴びる瞬間がなかなか訪れない。

 

数少ない地上波のテレビ出演ともあれば

爪痕を残そうと貪欲に自分を

アピールするのが彼らのウリでもあり

 

多くの関ジュ担も彼らのそういった

貪欲な姿に心奪われていくに違いない。

 

歌やダンスだけでなく

“お笑い”という要素も求められるので

下手したら東京Jr.よりも過酷な道を

歩んできているというのも事実。

 

そんな状況の中でも

仲間内で助け合い切磋琢磨していく。

“ライバルであり仲間”。

 

関西Jr.の魅力は底知れぬもの

なのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

なにわ男子の”東京Jr.感”が強い理由!

東京Jr.はユニット間や個々で

立ち位置や活躍の場を争うイメージが強く

手を取り合ってがんばろう!

という印象はあまりない。

 

そんな中、関西Jr.の精鋭が集う

なにわ男子というグループは

スター選手ばかりの”1軍グループ”であり

グループの毛色もどこかキンプリに近い。

 

道枝に至っては関ジュオーラゼロであり

ルックスからして東京Jr.オーラを

全身で身にまとっている。

 

オリジナル曲のダイヤモンドスマイルも

今までの関ジュの楽曲とは

まったく毛色が違うし

どことなくシンデレラガールに近い

系統の楽曲だ。

 

顔が良かったりダンスがうまかったりと

個々の能力は非常に高いはずなのに

グループとしてのまとまりが

今ひとつパッとしない。

 

どこか東京Jr.のように

個々で争っているイメージも感じられて

 

今までの関ジュ担から見ても

仲良くなさそうな印象を受ける人も

いるのではないだろうか。

 

最年長の藤原丈一郎と

最年少の長尾謙杜のように

メンバー個々による年齢差問題もあって

もしかしたら多少の遠慮が

生じているのかもしれない。

 

キラキラの衣装、王道のアイドルソング

正統派イケメンの三拍子。

 

関西ジャニーズJr.とは名ばかりで

今後、彼らは東京Jr.のような方向性に

シフトしていくかもしれい。

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

関西ジャニーズJr.新ユニット”なにわ男子”結成!

なにわ男子はジャニーズWESTの二の舞になってしまうのか?

なにわ男子&SixTONESどちらが先にデビューするのか?

なにわ男子のメジャーデビューが現実を帯びてきた件!

 

まとめ

なにわ男子の東京Jr.化について

多くのファンはどう捉えているのか

個人的に気になるところだが、

 

私個人としては今までの関ジュにない

まったく新しい方向性を開拓してほしい

という気持ちでいっぱいだ。

 

今後も彼らの活躍には

ぜひ注目していきたい!

 

スポンサーリンク