中島健人が語る!雑誌デビューのエピソードが共感しかない件!

スポンサーリンク

2019年 Myojo3月号にて掲載された

「中島健人ヒミツの2in1物語」。

 

今月は雑誌デビューのエピソードや

雑誌の取材についての思いなどを

赤裸々に語ってくれた。

 

それではまとめていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

中島健人の雑誌デビュー

中島は初めて雑誌に載ったときのことを

今でも覚えていると答えた。

 

同期のジャニーズJr.のなかでも

雑誌デビューに関しては

完全に出遅れ組だったとのこと

 

早々と雑誌デビューを果たしていく

多くのJr.を見て

 

なんで俺だけ出られないんだろう?

悔しさや焦りを抱えていた。

 

そのことについて自分の父親に

おまえの努力が足りないのが

1番の原因だ!と言われ

 

その後はひとつひとつの仕事に

マジメに全力で取り組んだそうだ。

 

その結果、雑誌の撮影に呼ばれ

念願叶った雑誌デビューを果たしたという。

 

中島健人の関連記事はこちら!

中島健人が語る!マンガの世界が共感しかない件!

中島健人が語る!風邪っぴきケンティーが共感しかない件!

 

自分が載った”初めての雑誌”

自分が載った雑誌を

初めて手にした日のことも

忘れていないと話した。

 

自分が載った雑誌を抱えながら

電車に乗った少年時代。

 

その日は地元の花火大会で

いつもより人であふれていて

 

駅のホームの雑踏をかきわけながら

ここにいる俺がMyojoに

載っているジャニーズJr.だ!

 

自意識過剰になっていたことを

振り返った。

 

そのくらい自分にとっては

一瞬で世界が変わったと思うくらい

感動的なできごとだったとのこと。

 

スポンサーリンク

 

雑誌に出始めた頃と現在の自分

雑誌に出始めたころは

本屋さんで自分が載っている雑誌を

手にしている女の子の前を通ったり

わざととなりに立ってみたりして

 

君たちはまだ気づいていない、

ここに中島健人がいることをと思いながら

 

雑誌コーナーを練り歩いていたという。

 

昔は自分が出ている雑誌のページを

穴があくほどながめつづけていたが

 

最近はそれも少なくなったと

現在の近況も告白。

 

その理由としては、

多い日には50本以上の

取材を受けることもあり

 

チェックしたくても

追いつかないのが現状とのこと。

 

だが、ファンの人達が

自分の記事に関して

 

手紙をくれたり

SNSにハッシュタグつきで

感想を書いてくれることで

つながりを実感すると語った。

 

雑誌の取材を受ける際の心構え

1ページであろうと

何ページもの特集であろうと

 

雑誌の取材には

100%の力で臨むと答えた。

 

このスタイルは

今も昔もずっと変わらないとのことで

 

誰もが雑誌に載れるわけではない

雑誌に載るのがどれだけ大変なことか

 

自分はちゃんと理解している

 

どんなに小さな記事でも

”当たり前”ではなく

 

その先には自分の言葉を

待ってくれている人がいるってことを

忘れないと語った。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

中島健人が語る!マンガの世界が共感しかない件!

中島健人が語る!風邪っぴきケンティーが共感しかない件!

中島健人はジャニーズの次世代スター!魅力や実態を深掘り!

Sexy Zoneのオススメ曲10選!

 

まとめ

今回まとめた中島健人の記事が

掲載されているのはこちら!

 

 

2019年Myojo3月号も

豊富な内容となっています。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク