キンプリ!SixTONES!Snow Man!ジャニーズのこれからを考える!

スポンサーリンク

若手ジャニーズたちによる

ジャニーズ戦国時代が2020年より

幕を開けようとしている。

 

2018年、キンプリCDデビュー以降

ジャニーズ事務所はネットへの進出を試み

ジャニーズJr.チャンネルやオンライン

ストアの開設を進めてきた。

 

さらにはジャニーズアイランドの発足に

よりジャニーズJr.たちの活動領域が

拡大し従来の頃より活動自体が

表面的になった。

 

その結果SixTONES、Snow Manといった

実力派グループらが続々とネット界隈にて

大きな旗を揚げCDデビューにまで至った。

 

そして、彼らがCDデビューを果たす

2020年には若手ジャニーズ同士による

しれつな戦いが巻き起こることが

大いに予想され

 

TwitterをはじめとしたSNSの場においても

ファン同士による賛否両論のレスバトル

が熱く燃え上がることになるだろう。

 

若手ジャニーズたちが豊作!

キンプリをはじめとしたSixTONES、

Snow Manといった実力派グループらが

世に輩出されジャニーズ戦国時代へと

突入しようとしている2020年。

 

彼ら3組の良いところは第一に

グループカラーがそれぞれ異なる点だ。

 

キンプリは王道アイドル。

SixTONESはオラオラ系アイドル。

Snow Manはアクロバット集団。

 

キンプリが頭1つ抜けているが

SixTONES、Snow Manも負けじと

強みを生かしたパフォーマンス、

それぞれのキャラクター性、得意分野等

で攻めに入っている。

 

Snow Manに関してはデビュー曲が

メンバーそれぞれの長身を生かした

ダンスナンバーな楽曲。

 

自身らのスキルを最大限引き出した

パフォーマンスとなっていて

これからの楽曲にも期待が持てそう。

 

SixTONESはデビュー曲が賛否両論

分かれているもののやはり彼らの活躍に

注目しているファンは非常に多い。

 

かつてのKAT-TUNを彷彿とさせる

グループなだけに革命前夜感を

ふつふつと漂わせる。

なにわ男子の台頭!

そしてジャニーズJr.にスポットを

当ててみれば関西Jr.のスター性集団

なにわ男子の動向も気になる所だし

 

関ジャニ∞やジャニーズWESTとは

毛色の違う王道アイドル感漂わせる

グループカラーは関西ジャニーズの

新たな形といえるだろう。

 

特にメンバーの道枝駿佑は山田涼介を

彷彿とさせるスター性も兼ね備えている

だけあり将来有望なジャニーズの1人

として注目されている。

 

彼が披露する青春アミーゴもまた

亀と山Pとは違う洗練された青春感とも

呼ぶべき熱量のあるパフォーマンス。

 

なにわ男子が関ジャニ∞と上手いこと

差別化を図っている点はアイドル性。

 

関ジャニやジャニーズWESTなどを

例にとっても、関西ジャニーズたちは

おもしろいキャラクター性や熱量ある

グループです的売り方で自分らを

PRしようとする慣習があり、

 

東京ジャニーズグループらと比較すると

王道アイドル性や気品に欠けてしまう

部分があることは否めない。

 

関西ジャニーズの熱量感も

1つの魅力としてファンの間では

好評なのかもしれないが、

 

やはり、かっこいい関西ジャニーズを

見たいというファンのほうが多数派だと

自分は感じている。

 

なにわ男子には“笑い”も取り入れつつ

キンプリのような王道アイドル性も

備えていてほしいという個人的願望が

募るばかりだ。

 

スポンサーリンク

国民的アイドル争奪戦!

2020年12月31日には

国民的アイドルグループである

嵐の活動休止が事実上決定している。

 

それに伴って今の若手ジャニーズ含む

中堅ジャニーズたちによる

国民的アイドルグループ争奪戦になる

予感が示唆される。

 

SMAPから嵐へ。嵐から次の世代へ。

 

有力候補はやはりキンプリと挙げたい

ところだがSexy Zoneの思わぬ

ブレイクにも期待したいところだし、

 

Hey!Say!JUMPやキスマイといった

中堅どころも負けじと勢力を拡大して

くるかもしれない。

 

ジャニーズのこれからがどうなって

いくのか。波乱の展開である。

関連記事

SixTONESアーティスト化で人気低迷!?完成されきったグループの今後の課題!

Snow ManのK-POP化が進行!アジアを席巻するグループへの展望!

なにわ男子のおっさん化が顕著!王道アイドルの高齢化と問題点!

関西ジャニーズJr.黄金期に突入!東京Jr.冬の時代へ!

少年忍者の人気や露出が加速!新時代の始まりと現状の格差について!

Lilかんさいがセクゾ化!?王道アイドルの増加が止まらないジャニーズの現状!

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

平野紫耀もどきの若手ジャニーズが急増!?天然おバカキャラの需要が高まる!

山田涼介の人気は若手ジャニーズたちの台頭で衰退していくのか?

道枝駿佑に憧れる後輩が急増!類い稀なるスター性は若手ジャニーズ随一!

 

スポンサーリンク