キンプリとKAT-TUNデビュー当時を徹底比較してみた!

スポンサーリンク

数あるジャニーズのグループの中で

今最も事務所から推され波に乗ってる

ジャニーズの新星King&Prince。

 

CDデビュー前にもかかわらず

東京ドーム単独公演を成功に導き

ドラマでも高視聴率を叩き出した

ジャニーズの不良集団KAT-TUN。

 

今回はこの2グループを

アカヒロJohnny’s日記の観点から

徹底比較していきます!

 

スポンサーリンク

 

デビュー当時のメンバーと主な役割

2グループのデビュー当時の

メンバーは以下の通り。

 

(King&Prince)

平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人

岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太

 

(KAT-TUN)

亀梨和也、赤西仁、田口淳之介

田中聖、上田竜也、中丸雄一

 

両グループともメンバーは6人!

CDデビュー時点での平均年齢は

King&Princeが20.3歳。

KAT-TUNが20.8歳。

 

平均年齢がほぼ同じ!

この辺も両グループの共通している点

といっていいでしょう。

 

King&Princeは平野紫耀を中心に

グループの知名度を高めているのに対し

KAT-TUNは亀梨和也を中心とした

グループだった。

 

そして、グループのキーマン的存在には

岩橋玄樹、赤西仁というのが

しっくりくる。

 

女性的ビジュアルが魅力の岩橋に対し、

クールで男らしさあふれる赤西。

 

アイドルとしてのタイプは違えど

内に秘めた野心、最初に目に付くであろう

ビジュアルやオーラの強さは

同種のものを感じる。

岩橋玄樹はイケメン?赤西仁との以外な繋がりも?

 

グループコンセプトと時代の変遷

キンプリのグループコンセプトは

正式には発表されていないので

詳細のほうはわかりかねますが

 

“キラキラ”“王子様”といった

フレーズがコンセプトとなっている。

 

THE王道アイドルの名のもとに

ジャニーズらしさをしっかりと兼ね備え

コンセプト通りの王子様感をしっかりと

演出している。

 

対して、KAT-TUNは今までの

ジャニーズの常識を覆すかのような

邪道でヤンチャなグループだった。

 

“ブラック&ワイルド”

“ジャニーズの不良集団”といった

コンセプトに従い

 

ステージ上にもかかわらず

メンバー自前の派手な衣装に革靴

ジャニーズらしい振りの揃った

ダンスはやアクロバットはせず

それぞれがバラバラの個性を発揮。

 

強すぎる個性ゆえ現在はメンバーが

3人となってしまったのが悔やまれる。

 

KAT-TUNが人気だった頃の

2005〜2010年あたりくらいまで

メンズのヘアスタイルの定番といえば

茶髪ウルフの外ハネ!

 

トップは短く襟足やサイドの髪を

外ハネさせたスタイリング!

 

恋愛に関しても若者らしい肉体性

ガツガツ感があった最後の世代で

 

キンプリ世代の現在と比べても

若者に自由感開放感といった

伸び伸びとしたものがあった。

 

そして、キンプリが流行している現在。

2018〜2019年は襟足を刈り上げた

マッシュヘアが定番!

 

黒髪やダークブラウン系の茶髪といった

清潔感を重視した髪型がトレンドと

なっている。

 

恋愛に関してはSNSを通じての

出会いややり取りにあまり抵抗がなく

ネット上から始まる恋にも肯定的な

価値観を持っている世代。

 

何か行動を起こすたび動画を

ネット上に晒され、LINEのやりとりを

スクショされ、なんでもかんでも

ハラスメント扱いされたりと

“人類総監視社会”となっている。

 

KAT-TUN世代とキンプリ世代。

それぞれの世代を一言であらわすなら

 

KAT-TUN→開放感

キンプリ→監視

こんなイメージが私の中である。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’s日記関連記事

キンプリ VS SixTONES!徹底比較してみた!

King&Princeメンバーの総合力をまとめてみた!

赤西仁に憧れてしまうのはなぜなのか?原因と理由を解説!

昔と今のジャニーズの違いについてまとめてみた!

 

まとめ

キンプリとKAT-TUNのデビュー当時を

独自の視点で比較してみましたが

いかがだったでしようか?

 

両グループともグループコンセプトや

時代に違いがあってとても面白いですよね

 

今後もこういった比較系の記事は

更新していこうと思います!

 

スポンサーリンク