2020年はキンプリとJr.の二強時代に突入!他グループはモブ扱い。

スポンサーリンク

ジャニーズには多くのグループが

乱立しているが今もっとも勢いがあるなと

私が感じているのはKing&Prince。

 

それと同等の勢いを持つのが

ジャニーズアイランド管轄の

ジャニーズJr.たち。

 

2019年はキンプリとJr.による

しれつな戦国時代と言っても

過言ではないだろう。

 

スポンサーリンク

 

2019年〜20年はキンプリとジャニーズJr.の時代!

今後、予測される

ジャニーズ事務所の動向は

ドラマやバラエティーなどの

テレビジョン界隈でキンプリゴリ推し。

 

ネット配信を中心とした活躍の場の

拡大が見込まれるジャニーズJr.

 

2020年、嵐の活動休止までが

ある種タイムリミットでもあるので

 

それまでにキンプリを次期国民的

アイドルグループと呼ばれるまでに

育成させる。

 

そして、今後市場の拡大が予測される

ネット配信にて実力、人気、知名度を誇る

ジャニーズJr.たちに活躍の場を与える。

 

ネット配信をメインに舞台、コンサート

ISLAND STOREのグッズ販売と

手広く運営していくことで

 

ジャニーズJr.という存在を

一種のブランド?のような価値にまで

高騰させていくことも可能。

 

さらにジャニーズJr.の一部のユニット勢が

デビュー組と同レベルほどの影響力を

保持し始めれば

 

今までのCDデビューという

絶対的な価値観が崩壊し

ジャニーズ内部での競争が

今まで以上に激化することが予想される。

 

2019年はジャニーズJr.による

コンサート、舞台、ドラマ、

バラエティーの露出が多いこともあって

 

ネット上ではタッキー新社長の手腕に

賞賛の声が多くあがっている。

 

スポンサーリンク

 

おっさんジャニーズたちは淘汰されるべき!

上述したとおり

2019年〜2020年は

キンプリとジャニーズJr.の時代。

 

Jr.からのCDデビューさえなければ

知名度があまりない

10代の若手ジャニーズたちにも

上手いこと大きな波がやってくる。

 

それに伴い今後はおっさん

ジャニーズたちが淘汰されていく

未来が待ち受けている。

 

ご存知、今のジャニーズ事務所は

上の世代の30〜40代の

おっさんジャニーズたちで詰まっていて

 

若手ジャニーズになかなか仕事が

舞い込んでこないのが現実。

 

一部のおっさんジャニーズ以外

仕事の量をどんどん減らしていき

若手のジャニーズたちに仕事を

供給していってもらいたい所存。

 

すでにおっさんジャニーズたちも

ボロボロでスキャンダルまみれな事実は

言うまでもない。

 

熱愛スキャンダルと令和の時代で

オワコン化目前!Hey!Say!JUMP。

 

女子高生飲酒問題で世間に

ロリコン好きを暴露されたNEWS。

 

度重なる元メンバーたちの犯罪で

グループの悪印象に歯止めが

かからないKAT-TUN。

 

おっさんジャニーズたちは

すでにボロボロであり

私からするとモブキャラ同然。

 

彼らはジャニーズの事務所の恩恵で

生かされていると言っても過言じゃない。

 

彼らおっさんジャニーズたちに

仕事を与えるくらいなら

将来性に期待がかかる

若手ジャニーズたちに仕事をふったほうが

良い傾向になるのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年〜2020年はキンプリと

Jr.による時代がやってくるのではないか?

と予測してみましたが

 

いかがだったでしょうか?

 

もちろん今後のジャニーズの動向は

私自身も完璧に予測できませんし

 

あくまで現状の動きからしての

予測であって意見半分のつもりで

読んでくれたのなら私としても幸いです。

 

スポンサーリンク