菊池風磨のバラエティー進出はセクゾの未来を大きく変えられるのか?

スポンサーリンク

中島健人一強の時代が長きにわたって続いていた

Sexy Zoneも変遷を遂げ、近年は菊池風磨のバラ

ティー番組出演が活発化してきている。

 

4月には二宮和也がMCを務める『ニノさん』の

レギュラーにも抜擢されるほか、多くのバラエテ

ィ番組に出演し体を張った企画や持ち前のトーク

力を武器に活躍の場を広げている。

 

理想の自分像と決別した現在!

今でこそ円滑なトーク力や物怖じしない男らしさ

を武器に数々のバラエティ番組に多数出演を果た

す菊池だが、以前まではヤンチャでクールな印象

が強かったようにも思える。

 

本人もデビュー当初はヤンチャ系イケメンとして

メディアに取り上げられてはいて、アイドルらし

い甘いセリフや可愛いポーズ等を求められること

を自ら避けていた時期もあった。

 

王道をいくSexy Zoneにマッチしない気だるそう

な雰囲気もあいまってか、ネット上ではちらほら

度が悪い、赤西のマネしている人などと心なし

な書き込みもあったりした。

 

実際に菊池の過去の髪型やソロ曲、パフォーマン

スを見ても赤西を崇拝していたことは確実、でき

ることならKAT-TUN路線を彷彿とさせるアイドル

人生をまっとうしたかっただろうし、今でいう

SixTONESのような路線を理想としていたのかも

しれない。

 

かつて櫻井翔のアニキにも自分のキャラクターに

いて悩んでますということも吐露したことがあ

るらしく、自分の中の理想と現実のギャップには

相当に悩み苦しんでいたに違いない。

 

スポンサーリンク

バラエティ路線は大正解!ヤンチャ感を残しつつも他ジャニーズとの差別化を図る!

実際のところ菊池のバラエティ進出は正解だし、

セクちゃん時代にも発揮していた持ち前のボケや

ノリの良さは若手ジャニーズとは到底思えないほ

どの面白さはあったわけで、慶應卒という肩書き

を武器にクイズ番組の出演も果たしていける。

 

さらには持ち前の勝負強さや容量の良さも去るこ

とながら、居てくれるだけで心強さや安心感みた

なものを感じさせてくれる魅力も菊池風磨は兼

備えている。

 

昨今キンプリに押され気味なSexy Zoneも菊池が

いることによって、上手いこと棲み分けができて

いるという側面も無きにしも非ず。

 

ある種今の時代ヤンチャ系アイドルは絶滅危惧種

な存在でみんながみんな王道アイドルばっかりに

なっていてはそれはそれでつまらない。

 

多種多様なイケメンがいてこそジャニーズという

エンターテイメントは盛り上がっているわけで、

池風磨のようなヤンチャ系もいてこそジャニー

の面白さはさらに際立っていくのではなかろう

か。

関連記事

中島健人&菊池風磨から見る!ジャニーズ”シンメ”の大きな魅力!

菊池風磨のポテンシャルが高すぎる件について

菊池風磨のキャラ崩壊からわかるジャニーズのきびしい現実

Sexy Zone『RUN』から見る!成長過程におけるグループコンセプトの移り変わり!

Sexy Zoneオワコン化!衰退と今後の打開策について!

Sexy Zoneは今すぐYouTubeチャンネルを開設すべきだ!

 

スポンサーリンク