菊池風磨ヤンチャ系アイドルからの転身!キャラ変後の活躍は順風満帆!

スポンサーリンク

ひと昔前、Sexy Zoneが世間へと台頭していっ

頃をさかのぼると、自らにもっとも尖りをきかせ

ていた人物として菊池風磨の名が挙がるーー。

 

2ndシングル『Lady ダイヤモンド』がリリースさ

れた当初、当時高校生の思春期真っ只中だった彼

にとって、あの楽曲をステージ上にて披露するこ

とが最も自己嫌悪感に苛まれる行為だったことは

当時の表情や仕草などが物語っている。

 

それでいて若き頃のセクゾの楽曲の多くがトンチ

キ具合抜群のTheアイドルソングがふんだんに盛

り込まれたスペシャリティとなっていたことから

も、当時ヤンチャ系だった風磨とSexy Zoneのグ

ループカラーに多少なりともズレが生じていた

とは否めない。

 

シンメである中島健人とも当時は不仲時期があり

Sexy Zoneとして3人体制を強いられた時期があ

ったりと、社会や周りの大人たちに対し何かしら

反抗心みたいなものはあったと思うーー。

 

赤西仁に憧れてーーヤンチャ系を貫いた当時の姿勢!

菊池風磨といえば赤西のモノマネ芸人として一時

期ネット上を中心に話題を集め、仕草やヘアスタ

イル、ファッション、パフォーマンス、どれを取

っても赤西に寄せたスタイルでいて、当時の若手

ジャニーズ内では一際、尖った存在として注目度

は高かった。

 

亀梨和也と赤西仁を2で割ったのが菊池風磨と聞

いたときは思わず納得してしまったし、亀梨や赤

西を彷彿とさせる当時の茶髪外ハネヘアもルック

スに賛否両論あれ個人的には高評価だった。

少年時代にKAT-TUN絶頂期の勢いや人気ぶりを目

の当たりし、自らが彼らの年齢に近づいた時、そ

の存在に一歩でも近づこうと、自らを彼らのよう

な”カタチ”にて体現していこうとする行為は健康

優良男児の証とも呼べる。

 

風磨の赤西化に限らず若手ジャニーズが先輩ジャ

ニーズたちの何かしらの影響を受けてそれを取

れていくというスタンスは未来永劫変わらない

 

スポンサーリンク

バラエティ番組にて大活躍を見せる現在の菊池風磨!

元来備わるトーク力やボキャブラリーの豊富さを

生かし現在はバラエティ番組にて大活躍を見せて

いる風磨、かつての尖ったスタイルは年齢や経験

を重ねるともにどこかへと吹き飛んでいった。。

 

ひと昔前の風磨を思い返せばバラエティ番組で全

裸になる姿や顔が泥まみれになる姿は、想像出来

なかったし、昔と今とでギャップに大きな差があ

る、最終的には番組スタッフからジャニーズ

ってます?と言われる始末。

バラエティ番組を主戦場として戦うジャニーズは

今の時代、人気や知名度が高くなる傾向がある

とからもある意味で時代に適応している。

 

ヤンチャ時期の少年時代をいつまでもいじるのは

大罪だし、男なら誰しも痛い時期や中二病などと

呼ばれる時期があってもいいはず。

 

そういった過去も含めて菊池風磨という男の魅力

は周囲に認知されていくのだからーー。

 

スポンサーリンク