昔と今のジャニーズの違いについてまとめてみた!

スポンサーリンク

1990年代から今にかけて

ジャニーズ事務所に所属するタレントの

意識はだいぶ変わった。

 

それだけではない。

歌唱力やパフォーマンスにも優れ

ビジュアルのほうもどんどん

レベル上がっている。

 

にもかかわらず

昔のジャニーズと比べると

世間的評価としては

イマイチなとこがあり

 

なかなかジュニアの知名度が

上がりません。

 

いったいなぜなのか?

 

今回は昔と今のジャニーズの違いについて

私なりにまとめてみましたので

解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

昔と今のジャニーズの線引き

当サイトではKAT-TUNまでを

昔のジャニーズと設定し

 

Hey!Say!JUMP以降を

今のジャニーズとします。

 

簡単に説明すると

昭和生まれのジャニーズ➡昔

平成生まれのジャニーズ➡今

 

こんな感じでご理解ください。

 

事務所を退所する年齢

昔のジャニーズJr.は18歳までに

デビュー出来なかったら

多くのタレント達が

事務所を退所していました。

 

残っていたのは一部の人だけ。

 

その人達でさえジャニーズと仕事の

両立をしていたほどですから

 

現状のジャニーズとは

事情が大きく異なります。

 

現在のジャニーズJr.は20歳を超えても

事務所に残っている人が多くいます。

 

なかには30歳という方もいたりとか。。

 

昔と違い今のジュニア達は活動の幅が広く

先輩Jr.達が新たなに開拓した俳優業への道

舞台、Jr.コンサートなど

 

なにかしら仕事があるわけです。

 

このような現状を

”ジュニアの高齢化”などと

一部メディアは報じていますが

 

まったくもってアリだと

私は感じています。

 

現に彼らのパフォーマンス能力は

デビュー組にも負けていない

 

むしろ若手のデビュー組よりも

上なのではないか?

と思わざるを得ないほどの

実力の持ち主たちばかりです。

 

昔のジャニーズは持ち上げられすぎ!?

コンサート

Youtubeなどのコメント欄には

「昔のジャニーズは華があるな!」

「それに比べ今のジャニーズは、、」

などといったコメントで

あふれかえっています。

 

現在のジャニーズ事情も知らずに

過去の幻想にとらわれている人達に一言。

 

正直言って今のジャニーズのほうが

レベルは高いですよ?

 

これは間違いありません。

 

昔のジャニーズって

ちょっとダンスが出来る

かっこいい子たちのお遊戯会レベル

といった感じで

 

今振り返ってみると

違和感を覚えるばかり。

 

確かにタッキーや山Pなどといった

一部、優れたジュニアはいましたし

それなりに真剣に活動していたジュニアが

多くいたのも事実です。

 

ですが、部活感覚に近い感じで

活動していたら運良くデビュー

できてしまったという方もそれなりにいて

 

嵐の大野智や櫻井翔なんかはその代表例。

 

今のジュニアの現状からすると

考えられないことですよね?

 

結果的に時代とタイミングに恵まれて

トップアイドルとして輝いていますから

持ち上げられるのは仕方が

ないんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

今のジャニーズは平均値が高い

ボーカル

今のジャニーズは全てにおいて

平均レベルが高いです。

 

顔、トーク、ドラマ、パフォーマンス

各々、苦手分野があったりしますが

他の分野で秀でた能力を開花したり

 

平均的にマルチにこなすジュニアも

多くいます。

 

これだけ優れた能力があるにも

関わらず売れてないじゃないか?

と一部の人達は騒ぎ立てますが

 

今の時代ライバルは

ジャニーズだけではないのです。

 

高身長イケメン俳優、K-POPアイドル

LDH、Youtuberの台頭など。

 

ジャニーズ内の争いだけでなく

これらのハイスペック集団とも戦って

いかなければなりません。

 

加えてSNSの発達で自分好みの

アーティストだけを

見ることができるようになり

 

自分で情報を取捨選択できるようにもなり

テレビ離れが一気に加速。

 

これらの現状はテレビや雑誌などの

受動的なコンテンツの脅威に

なっていますし

 

結果的にテレビの視聴率や

CDの売り上げにも大きく響いています。

 

こんな現状ではいくら

天下のジャニーズ様といえど

太刀打ちできません。

 

そのせいか最近になって

ジャニーズ事務所もYoutube上で

チャンネルを開設。

 

「ジャニーズJr.チャンネル」は

登録者40万人(2018年11月現在)

をほこる人気動画となっています。

 

ネットがない時代のジャニーズは強かった

テレビや雑誌などの受動的な

コンテンツだけで

あふれかえっていたときの

ジャニーズはやはり強かったです。

 

テレビの情報操作による

イケメン路線のお膳立てや

タレント達のスキャンダルのもみ消し。

 

視聴者は都合の良い部分しか

見せられていなかった。

 

それが今やSNSの発達で

それがどんどん明るみになってきた。

 

今後、ジャニーズ事務所のアイドル達は

どのように時代と戦っていくのか?

とても楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロNEWSジャニーズ関連記事

平野紫耀の魅力や本性を深掘り!天然な性格はホントなのか!?

平野紫耀が過剰な天然キャラを演出する5つの理由

永瀬廉のイケメンまとめ!キンプリ顔面国宝の魅力に迫る!

山田涼介から学ぶ!イケメンオーラの魅せ方!

山下智久は何故かっこいいのか?山Pから学ぶ人気の秘訣

西畑大吾がアイドルとして完璧すぎる件

松村北斗の人気やかっこよさの秘訣を徹底解説!

SixTONESのMVが大成功!ジャニーズ新時代の幕開けか!?

ジャニーズのイケメンオーラを身につける方法を伝授!

 

まとめ

ジャニーズ事務所の現状は

昔とは大きく変わってきました。

 

今後はどのようにタレント達を

育成していくのか?

 

ネット社会とどう向き合っていくのか?

 

今後の事務所のマーケティング力に

目が離せません。

 

スポンサーリンク