歴代ジャニーズ!伝説のシンメについて語る!

スポンサーリンク

ジャニーズのグループには

左右対象の位置で踊る“シンメ”

呼ばれる存在がいる。

 

固定の2人が繰り広げる歌やダンス。

ステージ上で2人が並んだときの

美しいのにどこか儚さがある姿にも

大きな魅力があり

 

2人がこれまで築いてきた道のりや

関係性に注目していくことでも

より一層シンメを応援する

楽しさは倍増する。

 

今回は私がもっとも憧れを抱き

尊敬してやまない

ジャニーズ歴代シンメ4組について

語っていく。

 

スポンサーリンク

 

仁亀

KAT-TUN亀梨和也と赤西仁のシンメ。

2人が出演したドラマ「ごくせん」は

大きな話題を呼び

 

ひと昔前の中高生を中心に

学校のクラス内で亀梨派か赤西派で

大きく分かれていた。

 

私自身もジャニーズに興味を抱いたのは

赤西仁がきっかけであり

 

彼が放つ圧倒的オーラやかっこよさに

惹かれたうちの1人だ。

 

現在は赤西がジャニーズ事務所を

退所してしまったので

かつての仁亀コンビを見ることは

今や叶わぬ夢となってしまったが

 

この2人が私の青春時代を築いてくれた

憧れのアイドルであることには

変わりはない。

 

ふまけん

Sexy Zone中島健人と菊池風磨のシンメ。

王子様キャラでジャニーズの

王道をいく中島健人。

 

やんちゃな雰囲気と兄貴肌の気質を

兼ね備えた菊池風磨。

 

まるで少女漫画の世界から

飛び出してきたかのような

対照的な王子様の構図は

 

全人類の女性の憧れといってもいい

理想的な2人だ。

 

現実でこの2人が1人の女性に

迫ったとしたら女性側もキュンキュンが

止まらないだろう。

 

スポンサーリンク

 

ツインタワー

ジャニーズWEST小瀧望と

藤井流星のシンメ。

小柄な体型が多いジャニーズには珍しい

身長180cmを超える2人。

 

人気やオーラは別として

この2人がジャニーズ史上もっとも

かっこいいシンメなのではないか?

と私は思っている。

 

実際、彼ら2人はジャニーズというよりも

モデルの域に近く存在感もあるので

 

街中でツインタワーの2人が前から

歩いてきたら誰もが振り返ることは

間違いないし

 

当の本人たちもさぞかし気持ちいい状態で

街を歩くことだろう。

 

しょうれん

King&Prince平野紫耀と永瀬廉のシンメ。

関西ジャニーズJr.時代から

同じ道のりを歩み続け

2018年にCDデビューに至った2人。

 

彼らの魅力はなんといっても

圧倒的な顔面偏差値の高さ。

 

ここ最近のラノベや少年漫画の主人公

のようなキレイな顔立ちでありながらも

非常に華のあるパフォーマンスを披露する

 

スポンサーリンク

 

まとめ

上記に挙げた4組以外にも

多くのシンメがジャニーズには存在する。

 

シンメごとにそれぞれの世界観があり

彼らならではのステージや歌など

素晴らしい魅力を兼ね備えている。

 

スポンサーリンク