ジャニーズJr.東京ドーム単独公演について思うこと!

スポンサーリンク

5月26日、ジャニーズJr.が

20年ぶりに東京ドーム単独公演を

おこなうことを発表。

 

ジャニーズアイランド発足以降

Jr.が主役となるライブや舞台が

続々とおこなわれ

 

今や時代はジャニーズJr.黄金期と

言っても過言ではない。

ジャニーズJr.黄金期突入!ジャニーズアイランドはJr.の未来をどう変える?

 

今回の東京ドームライブは8月8日

おこなわれ東西Jr.総勢300人が

集結予定となっている。

 

スポンサーリンク

 

ジャニーズJr.が主役となる時代

ひと昔前のジャニーズJr.は

主に先輩アイドル達のバックダンサーが

メインの仕事がほとんどであり

 

自身が主役となるライブをおこなう機会

というのは限られたJr.のみの特権だった。

 

それが今や時代が変わり

Jr.たち自らが主役となって

コンサートや舞台に多く出演。

 

YouTubeやISLAND TVなどの

ネット配信が主流となり

実力あるJr.たちの活躍の場が

大きく広がった。

 

それこそ数年前までは

CDデビューこそが正義であり

デビューできなければどんなに実力が

あろうとも引退を余儀なくされた

時代が確かにそこにはあった。

 

ジャニー社長のお気に入りというだけで

難なくCDデビューに至った

Sexy Zoneメンバーたちも

自分たちが置かれているこの現状に

危機感を抱いているに違いない。

 

彼らのように入所からデビューまで

数ヶ月〜3年という短期間で

デビューしたジャニーズがいる一方

 

SixTONESやSnow Manたちのように

ジャニーズ歴が10年を越す

大ベテランたちがCDデビューできず

 

活躍の場もなかなか与えて

もらえなかったという

なんともおかしな現状があった。

 

デビュー組ジャニーズの今後

CDデビュー=安定。という概念は

もはや過去の話。

 

難なくデビューを果たしてしまった

デビュー組ジャニーズたちは

これからどんどん淘汰されていってしまう

未来が待ち受けているかもしれない。

 

現状、デビュー組ジャニーズは

国民的アイドル嵐を筆頭に

関ジャニ∞、キンプリなどが稼ぎ頭であり

 

その他のグループは如実に

オワコン化が進んでいる。

 

度重なる熱愛スキャンダルに加え

令和の時代でグループ名が古臭さ満載の

おっさん化したHey!Say!JUMP。

 

女子高生飲酒問題で世間に

ロリコンおっさん集団と

暴露されたNEWS。

 

かつての勢いを失い元メンバーたちの

大麻所持違反で振り回されるKAT-TUN。

 

彼らの時代は終わったも同然で

これからは若手Jr.やキンプリをメインに

事務所は活躍の方向性を定めるべきだ。

 

スポンサーリンク

 

 

東京ドーム単独公演についてネットの声は?

https://twitter.com/yuta929prince_j/status/1132625119803658242?s=21

 

まとめ

ジャニーズJr.東京ドーム公演は

今後のジャニーズJr.たちにとって

とても良い傾向であることは間違いない。

 

Jr.の活躍やジャニーズアイランドの動向

については今後とも目が離せない。

 

スポンサーリンク