ジャニーズアイランド発足!ジャニーズの今後の動きは?

スポンサーリンク

2019年1月17日。

 

滝沢秀明がジャニーズ事務所の関連企業

「ジャニーズアイランド」の

代表取締役社長に就任したことが発表され

 

新会社の発足にともない

ジャニーズJr.ユニットSnow Manの

新メンバー加入

 

SixTONES、Snow Man、Travis Japanの

単独コンサートのプロデュースなど

 

Jr.を全面的にバックアップした

新たな取り組みを次々と発表した。

 

今回はジャニーズアイランド

発足にともなう今後のジャニーズについて

 

私なりの憶測や意見などを

解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

デビュー組とJr.による激しい戦い

滝沢秀明はJr.を全面的にプロデュースした

取り組みを今後は展開していくと語り

 

ウェブ番組の配信や

Jr.専門のオフィシャルショップの

設立する構想を明かした。

 

従来のジャニーズJr.といえば

CDデビュー組のバックダンサーとして

下積みを重ねることが主な活動でしたが

 

近年、20歳を超えた高齢Jr.の増加や

スキルが高くマルチな才能に優れた

Jr.の出現により

 

無視のできない存在となってきました。

 

滝沢秀明が語った

ウェブ番組の配信がスタートされれば

 

Jr.としての活動の幅が一気に広がり

一般知名度も今まで以上に

上がってくることは間違いない。

 

そうなってくれば

必ずデビュー組とJr.による

 

かつてないほどの

しれつな縄張り争いが起こる。

 

デビュー組は

テレビを主軸とした活動をメイン続け

時期を見計らって

 

ネット配信番組を開始させる

動きをみせ

 

Jr.はネットを中心とした

活躍の場を広げ

 

SNSや各種メディアを通じて

一般知名度の獲得を目指すなど

 

2019年を機に

ジャニーズ戦国時代の

開始が余儀なくされます。

 

Jr.大賞の王者が次世代ジャニーズを牛耳る!?

毎年、Myojoがおこなっている

恋人にしたいJr.大賞。

 

2019年のJr.大賞は

今までのJr.大賞のそれとはわけが違う。

 

滝沢がJr.の活動を

大きく開拓しようとしている今

 

このタイミングで

数字としての実績、

1位という肩書きは

 

滝沢からの最高のバックアップを

受けられるとともに

 

活動自体も他のJr.以上に

多く与えられる可能性も広がり

 

人気アイドルとしての

アドバンテージにも

大きくつながることだろう。

 

スポンサーリンク

 

30代デビュー組によるJr.のプロデュース

プロデュース業に取り組んでいるのは

滝沢秀明だけではない。

 

関ジャニ∞の大倉忠義、横山裕も

関西ジャニーズJr.のコンサート

演出・構成に携わり

 

KAT-TUN亀梨和也もまた

山下智久のUNLEASHEDに収録されている

「Dancer」の作詞に参加したりと

 

30代ジャニーズによる

プロデュース業の波が来ようとしている。

 

その背景にはやはり

若手ジャニーズタレントの

増加にともなう人気の低迷や

 

高身長イケメン俳優の増加

K-POPアイドルの日本進出

 

LDHパフォーマーたちの

勢力拡大など

 

多方面からの

一流エンターテイナーたちの

表舞台進出にともなうことが

要因とされています。

 

そんなこんながあり

自分の立ち位置を見つけられずにいる

 

30代高齢ジャニーズたちの行きつく先が

後半Jr.へのプロデュース業となっている。

 

今後は芸能界全体ではなく

ジャニーズ内でもさらに

競争が激化すると考えられるので

 

ジャニーズ内でのプロデュース業の

席の奪い合いも始まることが予測される。

 

スポンサーリンク

 

アカヒロJohnny’sニュース関連記事

滝沢秀明がジャニーズアイランドの社長に就任!

Snow Manグループ改編に思うこと

2019年!ジャニーズからバレーボールデビューするグループを予想してみた

2019年ジャニーズは新たなステージへ突入する!

 

まとめ

ジャニーズアイランドの

発足にともない

 

今までのジャニーズの在り方が

大きく変わっていくことでしょう。

 

デビュー組ジャニーズの方向性

Jr.による活動の幅の広がりなど

 

ジャニーズ事務所の今後に

目が離せません!

 

スポンサーリンク