神宮寺勇太ってキンプリになった瞬間落ちぶれたよな?

スポンサーリンク

Jr.時代目立つ立ち位置で

歌にダンスにド派手に活躍していた

ジャニタレがデビュー後には

パッとしなくなったというのは

ジャニーズ界隈ではよくある話。

 

あえてパッとしなくなったジャニタレを

今挙げるとするならばキンプリの

神宮寺勇太が最たる例だろう。

 

Jr.時代はPrinceの”かっこいいキャラ”

としてその個性を存分に発揮していた

神宮寺だが、デビュー後には

見事にその勢いを落としてしまった。

 

なぜ神宮寺はキンプリになった瞬間

落ちぶれてしまったのか?

 

スポンサーリンク

 

打ち消された個性

Prince時代は岩橋、岸を含む3人の

少人数精鋭で活動していたという

こともあってメンバーそれぞれが自ずと

力を出さざるを得ない状況が続いた。

 

おみこしを例にとると

10人でおみこしをかつぐ場合

1人、2人が手を抜いていても

かつげてしまうけど


3〜5人でおみこしをかつごうとしたら

みんなが思いっきり力を出さないと

かつげないの法則。

 

Prince時代はメンバーが少人数だった分

得意なこと、苦手なことを

それぞれが役割分担をこなして

補っていた。

 

アイドルグループにしても何にしても

人数が少なければ少ないだけ

そこに個性存在感という

ものが生まれる。

 

グループでやれることの活動範囲の広さや

メンバーの多様性という点では

6人のほうがいいのかもしれないが

 

個性や存在感を際立たせるという点では

圧倒的に少人数グループのほうが

有利なのかもしれない。

 

“Prince”の神宮寺勇太

神宮寺は”Princeの神宮寺勇太”であって

“キンプリの神宮寺勇太”では

ないのかもしれない。

 

キンプリメンバー全員が出演する

バラエティー番組なんかを見ていても

パッとする魅力が見当たらず

 

目立っているのは平野や岸といった

個性強めの天然キャラ枠2人。

 

自身の発言やメンバーからの評価でも

男らしさをアピールしているが

 

ジャニオタ以外の世間の人からは

イマイチそれが伝わっていないのが

正直なところで

 

永瀬廉と共演した

うちの執事が言うことにはの

PRイベントやら宣伝でも神宮寺の

劣化版永瀬廉感”が否めない。

 

ドラマやバラエティーにおいても

中途半端な立ち位置であり

あまり活躍できていない神宮寺に

為す術はあるのか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

活躍が今ひとつ伸び悩んでいる

神宮寺だがキンプリにはかけがえのない

存在であることに変わりがないのは事実

 

年齢を重ね多くの経験を積んでいくにつれ

活躍の場が与えられるかもしれないことを

期待したい。

 

スポンサーリンク