平野紫耀もどきの若手ジャニーズが急増!?天然おバカキャラの需要が高まる!

スポンサーリンク

King&Prince平野紫耀を筆頭に若手ジャニーズの

多くに天然おバカキャラが急増している。

 

今やおバカ天然キャラはジャニーズのグループの

中でも“圧倒的市民権”を獲得、今や歌って踊れる

天然おバカキャラがトレンド化している傾向が若

手ジャニーズを中心に派生している。

 

ジャニーズのグループにおいて“天然”と称される

キャラクター性の確立は、特別今に始まったこと

でもなく平野紫耀台頭以前にも大野智、相葉雅紀

といった天然と称されるメンバーの多くはそのキ

ャラクター性を確立していた。

 

では、なぜこれほどまでに天然おバカキャラは急

増していったのか?その背景を深掘りしていく。

 

天然おバカキャラの急増はバラエティ番組増加が背景にある!

ジャニーズのバラエティの歴史はSMAPを起源に

嵐→ほか多くのジャニーズグループへと引き継が

れていき、今やジャニーズとバラエティは切って

も切り離せない関係とまで言えるまでに至った。

 

バラエティ番組においてそのキャラクター性が上

手いことお茶の間でヒットし、人気に火がつく事

例はいくつか存在しており、

 

それこそジャニーズを退社した手越祐也はイッテ

Qをきっかけに人気・知名度が上昇しNEWSの中

心メンバーになるまでに上り詰めた。

 

その背景からジャニーズのアイドルも歌って踊れ

るだけでなく、笑いやバラエティ性までもが求め

られてきている現状があり、

 

もはやバラエティ番組に出演することが、ジャニ

ーズブレイク必須の条件とも言えるまでになった

 

その点を踏まえるとキンプリ平野のおバカ天然キ

ャラはバラエティ番組において使い勝手が良く、

ルックスに関してもすこぶる好評。

 

多くの若手たちが平野を見て、天然おバカエピソ

ードを捏造しあたかも自分が天然キャラであるこ

とを装う事前工作をしているのではないかと自分

は踏んでいる。

 

スポンサーリンク

天然おバカキャラに名乗りを上げる若手ジャニーズ!

今やジャニーズにおいて天然おバカキャラは激戦

区であり平野台頭以降、自らおバカキャラを自称

し名乗りを上げる若手ジャニーズは多く存在する

 

Snow Man目黒蓮はその筆頭候補であり、ジャニ

ーズのアイドルでありながら自らの長身を活かし

たスタイルでFINE BOYS専属モデルも務める。

 

彼もまたいくつかの天然おバカエピソード持ち合

わせる人気急上昇中のジャニーズの1人。

 

さらには次期デビュー候補としても有力な、なに

わ男子のメンバー髙橋恭平もまた天然おバカキャ

ラを駆使し人気急上昇中、まいジャニにてそのお

バカっぷりは遺憾なく披露されている。

 

代表的な人気上昇中の若手ジャニーズでおバカ天

然キャラを自称する2名を紹介したが、彼ら2名

のほか数多くの若手ジャニーズにもおバカ天然キ

ャラを自称する若手勢は非常に多い現状だ。

天然おバカキャラの今後の需要!

ひと昔前であれば木村拓哉のようなクール系かっ

こいいキャラがもてはやされた時代があったが、

 

時代の流れとともに無事キムタク路線も衰退して

いきクール系を熱望する若手ジャニーズやファン

の絶対数は減少した。

 

それと同様に天然おバカキャラもいずれかは衰退

しまたなんらかのキャラクター性が派生してくる

未来が訪れることになるだろう。

 

スポンサーリンク