YouTuberヒカルから学ぶ!ジャニーズ成功論!

スポンサーリンク

近年はYouTuberの勢いがすごい。

多くの芸能人や著名人たちも

こぞってYouTubeに参入し

独自のコンテンツを投稿して

人気を博している。

 

テレビ離れも深刻化し

TikTokやインスタなどを通じて続々と

ネット界隈へと参入する若者たち。

 

そして今の若い世代から

圧倒的支持を集めているのが

YouTuberという存在だ。

 

チャンネル登録者100万人のYouTuberと

人気ジャニーズJr.はどちらが高い

影響力を誇るのか?と問われば

YouTuberと答える人も多いはずだ。

 

実際、私自身もジャニーズの動画を

見ている時間よりYouTuberの動画を

見ている時間のほうが長く

 

彼らのおもしろさや魅力に

どっぷりハマってしまった人間の1人だ。

 

数々の動画を見てきた中で

私が「この人すごいな!」と

感じさせられたのはヒカルという

YouTuberだ。

 

ヒカルはセルフプロデュース能力に長け

持ち前のセンスや考え方、戦略などが

YouTuberの中でも圧倒的に

群を抜いている。

 

ヒカルが兼ね備えるこれらの能力は

今のジャニーズにもっとも必要な資質

なのではないか?と感じたので

 

今回はYouTuberヒカルから学ぶ!

ジャニーズ成功論!というテーマで

まとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

王道ではなく”邪道”で攻める!

YouTuberの中で王道や正統派といえば

ヒカキンやはじめしゃちょーといった

UUUM所属のクリエイターたちだ。

 

対して、ヒカルは革命家気質で

どこか尖った雰囲気や考え方を

持ち合わせ多くの信者を抱えています。

 

彼のすごいところは

スキャンダルを逆手に取って

自身の人気や勢いに変えてしまうところ。

 

以前、週刊文春が報じた

YouTuberヒカルのネットセクハラ

というスキャンダルの件でも

 

イメージダウンすることなく

スキャンダルを逆手に取り

自身のチャンネル登録の増加に繋がった。

 

ジャニーズでいう手越祐也のような、、、

いや、彼以上のモノを持ち合わせ

 

常に尖ったスタイルで日々動画投稿に

勤しむ姿はカッコいいと

感じざるを得ない。

 

スポンサーリンク

 

数字としての結果を出す!

ヒカルは本田圭佑ばりの

ビックマウスをすることでも知られていて

常に自信過剰な精神を持ち合わせている。

 

ヒカキンを超えて自分が

YouTuberのトップに立つ。

 

俺がお前にナンバーワンの景色

見せてやる。

 

挙げればキリがないほど

ヒカルのビックマウス語録は

多く放たれいる。

 

ヒカルのすごいところは

自信過剰なビックマウスをしても

数字としての結果をしっかりと

出すことであり

 

動画作りに対して

ストイックだと自負していて

YouTuberで1・2位を争うほどの

努力家だという。

 

今のジャニーズにはヒカルのような

野心むき出しのアイドルは絶滅危惧種で

落ち着いた奴らが多い。

 

ジャニーズにヒカルのような人材が現れ

多くの伝説を残してくれれば

今以上にジャニーズも活気に

あふれるに違いない。

 

新しいことに挑戦!

SMAP、櫻井翔、赤西仁など

ジャニーズのタレントには

新しいことに挑戦してきた人材が

数多くいた。

 

そういった彼らの姿に憧れを見出して

ジャニーズの門を叩いてきたのが

今の若手ジャニーズ世代だ。

 

アイドルやYouTuberなどの

ファンビジネスにおいて

女は”誰がしているのか”に注目し

男は”何をしているのか”に注目する。

といった言葉がある。

 

圧倒的ムーブメントを起こすには

多くの人を想像を超えるような

挑戦をしなければ歴史に名をはせる

トップアイドルになることなど

今の時代到底不可能。

 

ここ最近のジャニーズのアイドルたちは

現実に疲弊しきっているのか

なかなか爆発的なムーブメントを

起こさなくなってきている。

 

その点YouTuberヒカルは常に挑戦の連続で

「テッペン取ってやる!」といった

気持ちがものすごく強い。

 

今のジャニーズに必要なアイドルは

ヒカルのような戦略や姿勢を持ち合わせた

ハイブリッドな人材なのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

YouTuberヒカルから学ぶ!

ジャニーズ成功論。いかがでしたか?

 

ジャニーズに限らず

今の疲弊しきった日本社会には

彼のような活気にあふれた野心は

とても大切なのではないかと

私は感じています。

 

スポンサーリンク