キンプリのGINZA DEBUTって誰に需要があるの?

スポンサーリンク

朝のニュース番組「ZIP!」にて

キンプリメンバーたちが大人の街

銀座で体を張って自分磨きをするという

キンプリ担以外の誰得コーナーがある。

 

人気アイドル達が毎朝テレビに出る

ということもあって視聴者やファンからの

関心は高いのか?と思いきや

 

多くの視聴者たちはこのコーナーを

ゆっくり見れるほど余裕を持った朝は

送っていない。

 

私の知り合いの熱狂的な数人の

キンプリ担でさえほとんど見てない

というのだからファンからの需要も

たいして高くはないのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

GINZA DEBUTを見るのは中高生!社会人の朝は忙しい!

いくら熱狂的なキンプリ担といえど

社会人の方でGINZA DEBUTのコーナーを

余裕を持った状態で見ている人は

私の実感でほとんどいないと思う。

 

社会人女性であればメイクやら

朝シャンなどで大きく時間を使う人

ギリギリまで寝ている人など

朝の過ごし方は多岐にわたるが

 

共通しているのは

彼女らの朝は戦い、自分との戦い。

 

対して、女子中高生たちは

親にいろいろと面倒見てもらっているぶん

時間的に余裕があるのか

社会人よりも見ている層が

多いように感じる。

 

もしGINZA DEBUTを余裕を持った状態で

見ているよ!という超人がいるとしたら

ぜひ、コメントしてきてほしい。

 

スポンサーリンク

 

様々なエンターテイメントに触れられる幸せ

キンプリのGINZA DEBUTって

誰に需要があるの?と皮肉たっぷりの

題名にしたものの彼らが

うらやましかったりもするのだ。

 

多くの人たちが高校や大学を卒業し

就職という名のレールを進んでいくなか

 

GINZA DEBUTとかいう

様々なエンターテイメントに

触れられる機会を与えられた彼らに

大きな嫉妬を感じてしまう。

 

GINZA DEBUTで自分磨き♪とは

名ばかりでやってることは

ただの職業体験やお遊びにすぎないが

 

自分が知ることができなかった世界に

彼らが触れさせてもらっている事実は

正直言って羨ましい。

 

挑戦させてもらえる機会を

与えられるのがどれほど幸せな

ことだったか大人になってみると

改めて実感する。

 

私自身キンプリのGINZA DEBUTや

手越祐也のイッテQなど

いわゆる挑戦系エンターテイメント

番組や企画が大好きで

 

自分もジャニーズになって

体を張ったエンターテイメントに

挑戦してみたいという願望みたいのが

あったりする。

 

良く言えばマルチスキルの習得

悪く言えば器用貧乏なのかもしれないが

 

挑戦することの素晴らしさや喜びは

何にでも変えることのできない

大きな幸せだろう。

 

まとめ

キンプリのGINZA DEBUTについて

まとめてみたがいかがだっただろうか?

 

エンターテイメントの世界に触れられる

幸せ、挑戦することのおもしろさは

人生をより良いものにさせる。

 

今後とも彼らの活躍には

注目していきたい!

 

スポンサーリンク