嵐のYouTubeチャンネル開設にモノ申す!

スポンサーリンク

ついに!国民的アイドルグループである

嵐がYouTubeの公式チャンネルを開設。

 

開設からわずか3日目にして

チャンネル登録者数は右肩上がりに

上昇していき130万人にまで至っている。

(10月12日19時現在)。

 

そのほかにはインターネットを通じて聴く

サブスクリプション配信をジャニーズで

初めて解禁。

 

今回はその辺も踏まえて独断と偏見の

意見をまとめていく!

 

スポンサーリンク

 

嵐のYouTube公式チャンネル開設は正解!

現在ジャニーズ事務所は、ジャニーズJr.

Johnny’s officialバーチャルジャニーズ

SixTONESらがYouTube公式チャンネルを

開設し動画配信をおこなっている。

 

若手アイドルたちで実験に実験を重ねた末

ついにジャニーズのトップ嵐の開設にまで

乗り出したジャニーズ事務所。

 

現在はデビュー曲の A・RA・SHIをはじめ

Love so sweet、Happiness、trush、

Monsterといった嵐の代表楽曲を配信。

 

今後はメンバーのオフショットやトーク

普段は見ることのできない彼らの裏側

といった貴重映像を配信していくのでは

ないだろうか。

 

活動休止に向けてサブスクリプション配信を解禁!

サブスクリプション配信とは

定額制の音楽サービスのこと。

 

毎月一定の料金を支払えば

数万曲にも及ぶ音楽を聴くことができる

次世代の画期的なサービス。

 

今回、嵐は公式チャンネル開設と同時に

Apple Music、Spotifyなど

サブスクリプションサービスでの

配信を開始した。

 

グループとしての活動休止以降も

楽曲が再生されるごとにジャニーズに

収益が入り、ジャニーズを通して

嵐のメンバーたちにも収益が入る

ストック型のビジネスモデル。

 

つまりは嵐が活動休止をしたとしても

定額制の音楽サービスやYouTubeの動画

といったストック型のビジネスモデルに

よって働かなくてもお金が入ってくる

不労所得システムが出来上がり

 

遠くない未来、嵐以外のジャニーズの

グループの楽曲もサブスクリプションでの

配信がなされるのではないか? という声も

多く上がっている。

 

CDが売れない時代。ジャニーズも時代に

合わせてどんどん変化を遂げ

より多くの人たちにジャニーズの音楽を

シェアしていこうとする流れが来ている。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

嵐の活動休止について思うことをまとめてみた!

嵐の後継者となるジャニーズグループを予想してみた!

キンプリ世代と嵐世代のジャニーズの違いをまとめてみた!

SMAPと嵐!国民的アイドルに共通するものとは?

 

スポンサーリンク